季節の山野草

暑かろうが寒かろうが、暦の上では・・・等と巷は言うけれど季節を感じて咲いてくれる山野草。
この写真は8月29日に写した季節の山野草、割り込み記事で遅くなってしまった。

IMG_8075.jpg

ミヤマウズラというラン科の山野草、この花狙いで散歩した森・・・季節を裏切らない。
特に”ミヤマ”という冠を貰った山野草が大好きだ、この日は歩くのは二の次、季節の”ミヤマ”を求めて散策した。


植生豊かな海上の森、狙い通りにミヤマウズラを探し当てた、4株、終わりかけだったが間に合った。

IMG_8074.jpg

用水路の向こうに小さな株が見えた、よくよく気をつけないと探せない、小さくて不思議な形、会えて良かった。

今回の散歩は季節の山野草、そして”ミヤマ”の冠花を探す、歩みはのろい。

miyamasiragiku.jpg

見つけたミヤマ・・・”ミヤマシラギク”、秋です、”ミヤマ”・・・良い響き、深い山で咲いているような錯覚に陥る。
真っ白で清楚・・・白菊、これも素敵な響き、秋がやって来ています。

途中で戻って崖の下を探す、見つけました季節の山野草。

nagabanokouyabouki.jpg

ナガバノコウヤボウキ、キク科の山野草、宮城以南に咲く二年草、くるくるカールが可愛い。

IMG_8058.jpg

marukeiが名付けた・・・”パーマ草”、天然パーマのごとし、不思議な山野草。

近くにロープで囲われた区画、大事な野草ですと表示があった。

IMG_8059.jpg

オヤマボクチ(雄山火口)、紫の花を咲かせる、まだ蕾だった、咲きようが噴火口に似ているからこの名がついたとか。

季節の山野草、ミヤマ(深山)の名がつくが近くで見られて幸いだと思う。
ノンビリ散策が性に合ってきた、こんな散歩も良いもんだ・・・でも、これだとお腹のポッコリが増えるだけ、悩ましい!

コメント