実りの季節

夏が去れば秋がやってくる、黄金色に輝く一面を見ながら歩く畦道・・・実りの季節がやってきた。

IMG_8087.jpg

稲刈りが始まっていた、左に見えるは案山子ではア~リマセン、稲刈りの状況を見つめる田んぼの主の奥様か?
稲刈りと脱穀を行う機械は整然と刈取りを進める、”ツン”と刈取りの臭いがする、穏やかな風景。



奥様と同様に刈取り風景に見入るmarukei、ふと疑問が湧いた、この刈り取り機の容量で田んぼ全体の稲が刈れる?
籾を袋に詰めるわけでもない、暫く見ていた、畦道から小型トラックが進んできた、刈り取り機が田んぼの端に動いた。

IMG_8090.jpg

丸い筒を上げて伸ばす、軽トラの上まで伸ばしたら・・・籾が勢いよく積み込まれてゆく。
なるほど連携プレーだった、軽トラは共同の脱穀倉庫へ籾を降ろしそこで袋詰めされるのだ。

刈り取り機は1台、順に田んぼを回るのだろう、全て共同作業なのだ。

IMG_8095.jpg

これからの田には”鍋焼きうどん”が綺麗な間隔で追えもしない雀対策の芸術を見せてくれる。

IMG_8107.jpg

用水路にかぶさるように咲いていた秋桜、季節に似合いすぎる花に高原の美しい模様が脳内によぎる。

久しぶりに寺の境内に立ち寄った。

syukaidou.jpg

シュウカイドウの群落が一斉に開花していた、秋です紛れもない秋がやって来ていた。

ootyabaneseseri.jpg

オオチャバネセセリが羽を休める。

足元の雑草に大きな昆虫が動く姿をとらえた。

gomadarakamikiri.jpg

ゴマダラカミキリだった、黒光りする胴体、触覚や足の一部のブルーが綺麗だ。

IMG_8099.jpg

ご尊顔は”ギャング”のように強面だ・・が、実態は”トロイ”奴だった、細い雑草を上に登る、自重で草が倒れる・・
慌てて必死になって隣の雑草に移る、そして登る、倒れる、移る、登る、倒れる・・・

marukeiも”トロイ”、なんとか別の方法を探し当てるかを期待してズ~ット見てしまった、長い時間経っても
変わることが無かった・・・疲れた、歩く気力さえも失いかけていた、戻る気力はある、帰ることにした。

出来るできないは別にして”人間には知恵がある”、しかし、毎日ゴロゴロしていると考えるのが嫌になる時がある。
少し反省、ゴマダラカミキリの行為を”他山の石”、いや”他昆虫の意思”として頭を使うことにしよう!

コメント