さぬきうどん

昨日は朝から雨、何の用事もない夫婦、昼食作りも何となく面倒になった。
思い出した、雨の日にとあるうどん屋に行けば\100割引券がもらえる、誘ったら二つ返事でOKが出た。

P1130155.jpg

かけうどん並盛、天かす自由、あっさりとした薄味、¥330也、気温が低かったので暖かいうどんが美味しかった。



うどん屋さんは多治見市笠原にある、自宅から15分、山にいる長男のスマホの通信代金を代行で途中の
コンビニに支払ってうどん屋に向かった。

P1130154.jpg

巷にある○○うどん屋さんと同様の店、だがそんなに名の知れた店ではないが美味しい、そして安価なのだ。

店前の看板以外に、小盛りやミニ丼もメニューにある、この店の”並盛”は普通の1.5倍、小で普通なのだ。
お盆を持ってトッピングを選んだら”かけの並盛二つ”と声をかければ目の前でうどんを温めてたっぷりのネギで出てくる。

天かすと生しょうがを入れて席に着く。

P1130156.jpg

marukeiのトッピングは稲荷寿司とおおきなカラアゲ。

P1130157.jpg

妻のトッピングは”小柱入りのカキアゲ”大きいので食べごたえがありそうだ。

”ズズ~””チュルチュル”と喉を通過して熱いうどんが食道を下る・・・”美味かった!”

この日のお出かけはこれだけだった、雨は一日中止むことは無かった。

(車を買い替えた、本日納車された)

10年乗ったmarukei車、転落事故以来乗る回数が減った、そして5速マニュアルは家族の誰一人として運転しない。
車検は12月、山にいる長男が帰ってくれば通勤で車が必要になる。

山に行く前は、朝に歩いてバス停まで、帰りは遅いので妻が迎えに行くパターンだった。
10月中旬に帰ってくれば車は必須、AT車に買い替える必要にせまられた結果だった。

IMG_8502.jpg

登山やアウトドアが趣味である彼のために”ハスラー”を購入した。
ミドルクラスの車種、ターボ付きにした、納車されて不覚を思い知らされた、よくよく検討しないで決めたmarukei。
オプションはつけなかった、CDもラジオも時計も標準装備ではなかった、marukeiが乗るのであれば必要ないが・・・

保険も維持費は長男が払う、必要あらば2万円でCDもラジオもつけられる、彼の判断に任せよう。

乗ってみた、乗り心地は○、広い、静か、倒せばフルシート、ベットにもなる、寝袋あれば車中泊OK。

この頃の軽はそれなりのお値段、低クラスの普通車ならおつりがくる値段。

スズキkei、走行12万K突破、ハイオクしか走らない、ターボフルタイム4駆にお別れした、お疲れ様でした我が愛車。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント