海上の林道

午後の散歩は毎日のリズム、雨風が強くなければ歩きに出かける。

暗い森の林道から明るい里道の近く、忙しく枝を移りながら囀る。

IMG_8723.jpg

お久しぶりのメジロだった、この季節の野鳥の種は少ない、冬鳥が渡って来るまでのお楽しみだ。



陽射しを浴びると汗をかくほどに暑い、しかし林道に入ると陽射しが遮ぎられて寒く感じる。
体感温度は5度くらい違って感じる。

暗い林道の路傍には季節の野草が群れ咲く。

IMG_8686.jpg

一際白く艶やかなのはアケボノソウ、この森では貴重な野草。

IMG_8689.jpg

暗いので手振れ注意のマークがフィンダーに赤色で表示される、されどシャッタースピードが1秒近い
ブレブレ写真のオンパレード、やはり三脚が必要だが、がっちり固定して何とか撮れた。

IMG_8700.jpg

アキチョウジも多い、薄暗い森の中に薄紫の花を咲かせる、立ち止まる機会も多い。
独りのオジサンが撮影の邪魔にならぬように通り過ぎた・・・”迷惑かけます”と言って頭を下げたmarukei。

出口付近の森の少し空けた場所に彼は休んでいた、切株に座って森を眺めていた、絵になる姿だった。

IMG_8707.jpg

猪除けの柵を空けて進めば里にでる、一気に明るい世界、色づき始めた柿、稲刈り寸前の田の色がまぶしい。

市道に出てノンビリと帰りにつく、四ツ沢から少し奥に入った。

IMG_8724.jpg

竹さおで保護された一画にオケラの花が咲く。

種が飛んだのだろう、保護柵の外に小さなオケラも咲いていた。

IMG_8725.jpg

キマダラセセリが蜜を吸う、うんと増えて欲しいものだ、セセリ君の力で結実させてほしい。

奥まで入って森の空気を一杯に吸って戻る、気持ちの良い汗を拭けば車が待っている。
歩いて撮っての繰り返しの毎日、背中や肩の痛みは取れない、もう事故から7ケ月経っている。

歩きながら背筋や体の捻転、腕を回すなどの動作を入れる、リハビリに励みながらの散歩は続く。

コメント