冬鳥がやってきた

一週間前くらいから早朝にジョウビタキの懐かしい声が聴こえていた。
一年ぶりに再会すべくカメラの電源を入れっぱなしで自宅周りを散歩、期待にたがわず

IMG_9431.jpg

昨年は”タキちゃん”の縄張りに、♂のジョウビタキが凛々しい姿で姿を現してくれた。


♪北風小僧の貫太郎~♪・・・この歌が似合う季節が近づいた、風が身体にあたると寒い。
”タキちゃん”の縄張りがソーラー発電所になった、木々が切り倒されて彼女の居場所はない。

道路わきで待ってみた、ほどなく電線に停まった野鳥、”タキちゃん”かもしれない。
電線から民家のTVアンテナに移った、遠いがファインダーを覗いた。

IMG_9417.jpg

愛くるしいお目目が懐かしい、”タキちゃん”、嬉しくて嬉しくて・・・!

彼女は元縄張りのソーラー基地の方へ飛んで行った、marukeiもソーラー基地の外周道路にまわった。

IMG_9420.jpg

基地の境界の杭のうえで彼女は鳴いていた、変わり果てた環境に”泣いて”いるのかもしれない。

池の近くも彼女に縄張りだったので、その場所に移動して待ってみた、そして来たのは

IMG_9423.jpg

”タキ造”君だった、真っ赤な木の実の中に美しい姿を馴染ませていた。

元気で渡ってきた彼女や彼、この地で一冬過ごす、これからいろんな冬鳥が渡って来る。
冬枯れの散歩が楽しくなることは間違いない、”タキちゃん”、会えてうれしいヨ!

コメント