冬鳥を探して

転倒による両腰の痛みはひいてきた、しかし、右脇腹と肝臓あたりが屈んだり座ったりする時に
”キュン”と痛みが走り身体が支えられない場合もある、従って長い距離を歩くわけにはいかない。

それなら停滞が多い野鳥を探すのが適している、海上の森に出かけた。

IMG_0055.jpg

ねばって粘って・・・お目当ての冬鳥、”ルリビタキ”に出会うことができた、美しい姿に感激!



駐車場からゆっくり四ツ沢に向かった。

IMG_0043.jpg

曇天だが森の紅葉が美しい。

IMG_0041.jpg

ウリカエデのプロペラもドライ状態、冬枯れの様相に季節を感じる。

四ツ沢から砂防池方面の奥に入る、昨年、ミヤマホオジロと出会った場所まで歩いて待った。
15分以上待ったが野鳥の気配がない、戻って海上池方面に少し入って今度はルリビタキを待った。
しかし待てど暮らせど野鳥の気配はないので戻って海上の里方面に歩いた。

聞き覚えた囀りと地鳴きが聴こえたのは森の入り口から少し手前だった、遠くに4~5羽の野鳥が飛び交う。

IMG_0058.jpg IMG_0060.jpg

待ちに待ったルリビタキ、雄が飛び交う、渡ってきたばかりなのだろう、縄張り確定で飛び回る
じっとしていない、雌も混じって一定の場所を飛び交う、難点は遠い。

またもやシャッターチャンスを待った、その時にふいに声をかけられた、NHKです。
何をしているのですか?、野鳥観察、この森の魅力を教えてください・・・カメラが回る。

それどころではない、野鳥が逃げる、適当に返事してカメラを覗き続けた。

IMG_0079.jpg

NHKも去らない、野鳥が静かになったので声をかけた、番組は名古屋放送局のホットイブニングの編集らしい。
marukeiも見る番組、45分の秋特集のなかで5分だけ海上の森を紹介するらしい。

40分もこの場所にいてしまったので彼と別れて帰り道についた。

IMG_0013.jpg

ピィ~ピィ~とヤマガラが鳴く帰り道。

IMG_0022.jpg

痛みを伴ったが撮影練習の効果で近くの被写体にAFが合う、気持ち良い。

IMG_0024.jpg

可愛いヤマガラとお別れして駐車場に着いた、腰も脇腹も痛むことはなかった、これからの季節
鳥見も嬉しいが、やはり冬枯れの森の中を歩き回るのも捨てがたい、早く治そうと思った。

コメント