色彩豊かな畦道

雨が上がって燦々と太陽が照りつける、畦道も色鮮やかな姿で迎えてくれる。

IMG_0006.jpg

四季桜も綺麗、桜の花は人の心を和ませたり浮き浮きさせてくれる。
岩屋堂の混雑を避けて畦道と寺の境内を散歩した。



太陽が眩しい。

IMG_9935.jpg

二番穂が黄色く色づく里、暖かさが雑草たちの季節を惑わすのだろうか。

IMG_9931.jpg

ノジスミレも数を増やす、初夏以外に見るのは初めてなような気がする。

IMG_9938.jpg

タネツケバナも咲き出した、切り取るだけなら春や初夏の気分だ。

IMG_0004.jpg

と、言っても花の数は少ない、シジミ蝶達も綺麗な羽色をヒラヒラさせて花に群がる。

IMG_9944.jpg

羽の痛んだ個体も美しい羽色のベニシジミも仲良く花に停まる、なんて素敵な自然の営みだ。

IMG_9929.jpg

ジシバリの黄色と季節の野草であるイヌダテの紫の色が混じり合う土手の斜面は鮮やかだった。

IMG_9950.jpg

咲き誇るヒメジョオンに小さな蛾が停まる、いのち響きあう里山の景色。

田んぼの外れにやってきた。

IMG_9939.jpg

華々しく咲いてくれた古代万葉蓮も種を残すべく釣鐘を下げる、ようやく晩秋の雰囲気となった。

公園の入り口には料金所が設けられて車を止めている、脇に見てお寺の境内を散歩。

IMG_0007.jpg

ミツマタが冬芽をつけ始めていた、春になると黄色く小さな可愛い花々となる。

混雑する車を避けてストレートに帰り道に着いた。

IMG_0009.jpg

光りを受けてキラキラと輝くモミジを愛でながら歩いた、満足の散歩は時間が短く感じた。

コメント