久しぶりの”タキ”ちゃん

長い距離の散歩翌日は短い距離で・・・このところのリズムである。
自宅から約600m歩いて池と丘、そして雑草地帯をウロウロするのが好きである。
最低1時間半はうろつく、今回は”ヨシガモ”をみたくて池にきた、その時・・・

IMG_0192.jpg

呼んでも来なかった”タキ”ちゃんがいた、縄張りを広げたみたいだ、嬉しい誤算!
大きなクリクリ目玉、遠来の恋人と逢えたような気分、”ありがとうタキちゃん”。


急な登りを喘いで歩く、ひっきりなしに岩屋堂から帰る車が通る、10秒に1台、普段は2時間に1台くらいなのに
この時期は仕方がない、11月23日を越えれば少なくなって落ち着いて歩ける。

池に着いた、ヨシガモが4羽泳いでいる、この鴨は首筋から頭にかけての色合いが素晴らしい。
西日に輝いてどんな色を魅せてくれるか?

IMG_0180.jpg

輝く明るい”緑”のグラデーション、美しい!

IMG_0220.jpg

光りの受け方で色が違って見える、今度は赤紫のグラデーション、今日の目的終了。

池の奥に歩いた、200本の銀杏畑がある。

IMG_0183.jpg

未だ全面黄葉にはなって居ない、例年なら”まっ黄黄”の美しい世界になる。

IMG_0184.jpg

そして黄葉する前に病葉になって居る、モミジと同様、暖かすぎる気温が災いしている。

眺めていたら後ろから”タタッ!タタッ!”とジョウビタキの声がする、ここは♂の縄張りなはずなので
どうせ”タキ造”(勝手に命名)だろうと思って振り返った。

そこには逢いたかった”タキちゃん”がいた、嬉しさにカメラの電源を入れるのを一瞬忘れていた。

IMG_0190.jpg

こんな場所に縄張りを持ったのだった、いつもの場所で呼んでも来ないのが納得できた。
彼女は直ぐに池の周りの藪に消えて行った。

池の前面に戻って通る車に気遣いながら木々をみたり、向かい側の雑草地帯に踏み込んだり
好き勝手に歩き回った。

IMG_0213.jpg

ヤマガラの梢を叩く音に上を仰ぎ見て

IMG_0218.jpg

訪れる度に顔を見せる”タキ造君”が西日を浴びて男前になっている姿に声をかけて。

IMG_0224.jpg

11月下旬近くになっても姿を見せた”ホソイトトンボ”に驚愕した。

IMG_0232.jpg

秋の空に月が昇って来ていた、”宵待月”と言うのだろうか、もう帰る時間だった。

転倒して内臓の痛みが続いていたが軽くなってきた、数日で治る気がする。
決してお調子者ではないが傾向はある、もう若くは無いと更なる認識をもっての行動を心がけよう!

コメント