氷雨と虹

強い北西の季節風、当地も一桁の温度の朝を迎えた。
午後になっても季節風は強い、あやふやな空だが青空も見える、気が向いて定光寺自然林へ

IMG_0430.jpg

途中でポツポツと降り出した冷たい雨、慌てて500m歩いて施設の軒先で雨宿り。
雨は20分くらい降り続いた、雨宿りのご褒美は”美しい虹”だった。



標高200mにある自然公園交流館に駐車、丸根山園地を目指して歩き出す。

IMG_0409.jpg

高蔵寺、春日井方面の展望所、引退前に12年通勤した道が見える、感慨深い。

”ニャァ~”と鳴き声がする。

IMG_0412.jpg

ノラ猫君、寂しげに鳴く、近寄ると逃げる、最後には逃げなくなった、こんな林なのに餌があるんだ。

”まなびの道”と呼ばれる尾根道を進む。

IMG_0416.jpg

整備も行き届いて、ベンチもある快適な尾根道、風の寒さが身に沁みる。

IMG_0415.jpg

我が家方面の展望が良い、右端の煙突近くが我が家、中央の橋げたはいつもの散歩道だ。

尾根を下れば暗い針葉樹林体が続く、黙々と歩くしかない。

IMG_0420.jpg

所々に咲いているヤブツバキの赤が暗い森の唯一の色彩、一層に鮮やかに感じる。

IMG_0421.jpg

明るい落葉樹の森に入れば目的地である県野外教育センターは近い、が、頭にカメラにポツン!
雨が落ちてきた、風も強まる、これは大変、急ぎ足でセンターを目指す。

最後の200mは地獄のような坂、”そよご坂”と名付けられた急勾配、雨の中”ゼイゼイと”頑張る。
そして施設の玄関先に飛び込んで雨宿り・・・

IMG_0425.jpg

とたんに雨脚が強くなった、”氷雨”、みぞれ一歩手前くらいの冷たさだった、20分の雨宿り。

IMG_0428.jpg

強い北西風が雲を飛ばす、弥勒山に”虹”がかかる・・・美しい!

雨は降り続いているが小降りになったので帰ることにした、本来はこの施設の外周の森歩きだったが
予定変更、舗装林道で帰ることにした。

IMG_0431.jpg

ときおり日も射すが暗い林道、ムラサキシキブも葉を全て落としていた。

またもや”ニャ~!”、遠くから視線を感じた。

IMG_0432.jpg

甘えた声でmarukeiを呼ぶ。

IMG_0433.jpg

毛並の良い甘えん坊さん、誰もいない林道でしばし遊んで貰った・・・可愛いネ!

またしてもポツンが強くなった、車まで1kmはある、遊んでられないので”サヨナラ”して歩いた。
それほど濡れなくて車に戻れた、この日の服装は、冬用ジャージ、耳当て、手袋、長袖パーカー。

それでも寒さが沁みていた、ついこの間まで暖かった、冬は足早にやってくるのだろう。

コメント