終わりに近い紅葉スポット

定光寺、尾張徳川家の菩提寺、桜や紅葉の名所としても知られている。
紅葉も終わりに近いと思ったが自然林散歩の帰りに立ち寄ってみた。

IMG_0445.jpg

境内は落葉、まだ色を残す葉、そして緑のままのモミジだった、裏手や展望所は見頃を迎えている木もあり
例年には見られない”晩秋の紅葉”を愛でることが出来た。


裏手にまわる、お一人のカメラマンがさかんにシャッター音を響かせる。

IMG_0442.jpg

光りを受けて輝く美しい紅葉がそこにあった。

IMG_0444.jpg

露出を上げずに光のあたっている所を撮ってみた、暗すぎた・・・失敗。

IMG_0443.jpg

この時期でも、紅、黄、緑などと紅葉のグラデーションが残っている、派手ではないが長い期間楽しめる様だ。

境内を離れて裏手の小高い丘に向かう、ここは春は桜、秋は紅葉、そして南方面の展望所。

IMG_0446.jpg

一際見事な紅葉が待っていた。

お茶屋が一軒、くると必ず食べる”味噌おでん”を売っている、しかし、午後3時過ぎ店じまいの途中だった、残念!

IMG_0448.jpg

鈴鹿の山並みを背景に名古屋駅のビル群、王子製紙の煙たなびく濃尾平野を一望した。

薄日が射しているのに雨が落ちてきた、皆さん大慌て、marukeiも慌てて車に戻った。

早朝に吐く息は白くなった、ようやく冬の初めらしくなってきた、”鼻水グズグズ”で北風に向かっている。

コメント