活気ある畦道

お日様が陰れば肌寒い、それでも冬の寒さではない、お日様が出れば暖かい。

IMG_0690.jpg

寒いと活動しないベニシジミも暖かさにつられて畦道の花に遊ぶ、もう12月中旬、寒くなるのはいつなのだろう。



午後は太陽の角度も低い季節。

IMG_0677.jpg

畦道に遊ぶ影も長くのびる・・・(もう少しスマート影にならないの?)

寒かった日にはあまり活動しない昆虫たちも活動で忙しい。

IMG_0681.jpg

特にベニシジミがたくさん飛びかっていた。

IMG_0692.jpg

ベニシジミは幼虫越冬である、これから卵を産んで幼虫に成長する期間はあるのだろうか?

IMG_0678.jpg

小さな雑草にも昆虫がやってくる、活き活きとして観察も楽しい。

IMG_0682.jpg

オオイヌノフグリも咲き続ける、越年したのは見たことも無い、このままでは冬も咲いているのだろう。

IMG_0685.jpg

カタバミも花を閉じる時間なのに黄色の花を咲かせたままだった、太陽の光の恵みを取り込む。

IMG_0693.jpg

ハコベ・・・これも”春の七草”といわれる野草、”今は初冬”、やっぱりよほど暖かいのだろう。

IMG_0686.jpg

稲の二番穂も落穂にならないで田んぼに鎮座する、野鳥達の餌も豊富な里の景色。

暖かい日の散歩は被写体に恵まれて有難い、寒くなると急いで歩くだけになる。
来週から寒気が来るらしい、冬タイヤにしていない車が1台残っている、今週中に頑張らなくちゃ!!

コメント