一汗かいて温泉へ

街のスーパー温泉に入りたくなった、受傷して9か月経過したが左の肩と背中の痛みは
おいそれとは取れない、街の温泉は”三重県湯の山”から運び込んでいる、ヌルッとして気持ちが良い。

それと、横になってのジェットバス、立位のジェットバスなど等、痛んだ箇所のメンテナンスに最適だ。
それならたっぷり歩いて、そしてその温泉まで更に歩いて一汗かくことにした。

IMG_0779.jpg

隣町、県森林公園の北口まで送ってもらった、有料植物園を歩き回る予定だ、時間は午後2時過ぎ
ボート池に遊ぶ人がいた、晩秋やけした景色を背景に気持ちよさそうにボートは進む。


北門で料金¥210を支払って岩本池に歩こうとしたら右手が賑やかだ。

IMG_0780.jpg

”鴨”の見物と写真撮影の方々だ、広い大きな池だが鴨達が多く遊ぶ場所なので人気があるのだろう。

marukeiは岩本池の脇道を歩いた、途中に池のそばまで行ける場所があるのでそこまで歩いた。

IMG_0789.jpg

カイツムリがいたので撮影したが遠いので鮮明に写せない。

IMG_0787.jpg

カワウの着水を写したら別の場所を目指す、池の反対側に場所がある。
焦る必要もないので淡々と景色を楽しんで歩いた、そして雑木林をくぐって水辺まで降りた。

IMG_0809.jpg

近くに鴨達がいた、一羽が飛んだ、もの凄い飛沫をあげるんだ、羽ばたきって凄いもんだ。

IMG_0805.jpg

ハシヒロガモ達がの~んびりとくつろぐ、marukeiもくつろいだ。

kanmurikaituburi.jpg

marukeiを気にもしないで近づいてきたのは”カンムリカイツブリ”、一年ぶりの再会
潜りは上手い、一度潜水したらしばらく浮上しない、そしてあらぬ遠い場所へ浮かび上がる、観察も楽しい。

IMG_0817.jpg

野鳥を探しながら枝道を歩き回ったがシジュウカラしか見つけられなかった。
時間をみたら4時を過ぎていた、2時間以上歩き回っていた、東門へ向かった。

IMG_0816.jpg

日が沈む少し前、夕日色した芝生に若いカップルがとても素敵な距離で空を眺めていた。
羨ましくなるような雰囲気を醸し出す、夕暮れ時はお話も必要もないのだろう。

午後4時半に公園を後にして”温泉”に向かった、さすがに遠い、疲れた足を動かして5時15分に到着。
45分も歩きっぱなしだった、ジェットバスのはしご、打たせ湯、乳白色の湯・・・アホみたく浸かったら
湯あたりしてしまった、相も変わらず”お馬鹿丸出し”、露天で頭を冷やして事なきを得たのだった。

コメント