”気になる木”が染まった

いつもの散歩道、高速道路の高架橋の下、日も射さない場所にモミジの木があった。
紅葉シーズンも冬枯れの今をむかえても”緑色”を保っていた、このまま落葉すると思っていた。

IMG_0838.jpg

見事に染まった、見頃の色彩になった、とても嬉しい気分、この一本で今年の紅葉狩りは終わった。
12月中旬に見ごろを迎えたのは初体験かもしれない、これはこれで大儲けの気分だ。



ようやく冬将軍が到来するという、スーパーエルニィ-ニョ、世界各国が暖かいらしい。
福岡ではアブラゼミが羽化したというニュースを流していた、当地も暖かい日が続いている。

IMG_0840.jpg

寺の境内も色づいたと思ったら同時に落葉、中途半端な紅葉シーズンだった。

岩屋堂公園の左岸を歩いた。

IMG_0842.jpg

川の流れも寒さを感じない、まるで初春の水の流れに感じてしまう。

IMG_0841.jpg

川沿いの梅の木も早々と花芽をつけている、このままの暖かさなら開花が早そうだ。

IMG_0851.jpg

冬芽の膨らんだコブシの木、ほんわかと暖かさえ感じる。

公園内は委託業者が作業看板を掲げて写真を撮りながらチェーンソウを持ち歩いていた。
どうやら古木の切り倒し作業みたいだ。

IMG_0846.jpg

容赦なく鋭い刃が唸りをあげる。

IMG_0850.jpg

ヒバの古木があっけなく倒れる、確かに中が腐っている、それでも寂しく感じてしまった。

裏道を歩いて池に立ち寄った、直ぐに宝石色が飛んできた。

IMG_0855.jpg

目の前でゴソゴソと音がする。

IMG_0876.jpg

足元2m前にヤマガラが餌を探していた、彼らもあまり人間を恐れない、可愛いと思う。

この日は歩くだけではなく上半身の体操をしながら歩いた、身体が異常に硬くなっている。
寝る前もベットで”イテテテ”と叫びながら柔軟体操とストレッチ・・・”三日坊主”で終わりそうだ。

コメント