美濃焼のお買いもの

先日購入した美濃焼の中皿と中鉢が妻のお気に入りとなった。
もう二つずつ揃えたいと言っていたので土岐市の道の駅、志野・織部に出向いた。

IMG_1131.jpg

店内には有名作家の美濃焼が並ぶ、干支の猿、味わいのある作品が並ぶ・・・高級すぎて手が出ない。

幸いにも先日購入した品物が置いてあった、即購入、ついでに”あらぎりわさび”も購入した。



道の駅の外から階段が上に伸びる。

IMG_1132.jpg

”織部ヒルズ”と呼ばれている美濃焼の卸売団地に接続されている、ギャラリーもあり一般客も購入できる。
ある店の裏口から入る。

IMG_1133.jpg

細長いアウトレットのコーナーである、300円~1000円の商品が所狭しと並ぶ、見ていて楽しい。

IMG_1130.jpg

美濃焼は土岐、多治見、瑞浪で作成される陶磁器の総称、食器などは全国60%の占有率。
小洒落た品物も多く、marukei夫婦は大好き、特に志野が好きである。

展示場を見てまわる、欲しいものは沢山ある、妻が欲しいと言うまで待つ。
そして妻のお気に入りが2点、大皿と小鉢、買いました、marukeiの欲しいのは見つからなかった。

IMG_1163.jpg

織部の小鉢、お洒落だ、箸休めのおかずを盛り付けるには最適、marukeiが造って差し上げまする。

出かけついでに可児市まで足を延ばすことにした、国道21号を走って”道の駅可児って”へ立ち寄り。

IMG_1134.jpg

小さな道の駅だが地産地消が基本コンセプト、野菜や果物が安い。

IMG_1135.jpg

アレレ!、ここにも”あらぎりわさび”が置いてあった、それも50円も安い・・・(泣)

購入したのは

IMG_1136.jpg

白川町の”黒川鶏ちゃんみそ味”、これ本当に美味しい、キャベツを大きく切って一緒に炒める。
岐阜の飛騨から美濃にかけての名産品だ、これは国産鶏しか使っていないので更に美味しい!

道の駅から少し戻って多治見にむかう、途中の魚屋で正月用の”北海蛸”を購入、定食屋でお昼。
スーパーで食材を買って3時間半の”お買いものドライブ”を終えて帰った。

大晦日、正月、美しい大皿にお刺身でも盛り付けよう、暮れからお正月は全てmarukeiが食事担当。
お財布には”株の配当金”を使わずにとってある、美味しい食材をそろえて家族への”おもてなし”だ!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント