ちょっぴり反省・・新年森歩き

お地蔵様に誓ったはずなのに・・・
昔の身体の記憶に頼った結果は・・・・・そんな反省の森歩き。

IMG_1381.jpg

先行するご夫婦、快調に追いつき追い越す、ようやく回復してきた事故後の身体にエネルギーが湧く。
ひたすら歩く、この日の目標は8km、歩き出して20分、足もあたたまり更に快調に歩いた。



新年早々の海上の森、かなりの車が駐車、その後も続々。
外回りの森の道を歩くので四ツ沢から篠田砂防池方向に進路をとる、ひたすら歩いて到着。

IMG_1382.jpg

一回目の休憩は砂防池、遠くにカイツブリのツガイだけが遊ぶ静かな池、誰もいないのが更に良い。

夏ならショートカットの道を歩くが今日はひたすら歩く、外回りを歩いて、山路林道に出会い
そのまま山路の森へ、出口で引き返して瀬戸海上池に向かう、只々黙々と歩く、疲れは無い。

IMG_1383.jpg

二度目の休憩は海上池(別名:瀬戸大正池)、水が無い殺伐とした景色が待っていた。
この中はグシャグシャ…2年前に歩いてひどい目にあった、等と回想していたらいらぬ思いが頭をもたげた。

戻って里経由より山裾を歩けば四ツ沢の野鳥ストリートへ早く出られる、何十回と歩いている道がある。
しかし、少々難儀な道、そして崖の縁もある・・・でもそれほど危険な道ではない・・・歩いてしまった。

IMG_1384.jpg

狭い間道、意外に即応できない身体になっていた、木の根に蹴躓く、急な坂に足首が・・・

IMG_1385.jpg

急な斜面を登ると恐怖の堰堤上の崖、道の幅は1mもない、事故を思い出す、山側によってそそくさと通過。
最後の大降り、記憶より急だった、転ばぬように雑木に捉まってそろそろ・・・

IMG_1386.jpg

最後はロープにつかまって横向きで降りた、安心感で一杯だった、危険な場所には寄りつかないと
地蔵様に誓ったばかり・・・反省!

普通の方ならなんら問題の無い道なのだが・・加齢と事故により普通ではない体力なのかも知れない。
この道は歩いてはいけない、脳みそに刻んだ。

野鳥もいない、道端の岩に腰かけて暫し休んでから駐車場に急いだ、足首の疲れはハンパなかった。

車に戻ったら我が車の横で大砲三脚のカメラが何かを狙っていた。

IMG_1400.jpg

可愛いエナガの群れだった。

IMG_1396.jpg

メンコイ!、ようやく野鳥に出会えた、そして心の余裕も取りかえした。

IMG_1412.jpg

オマケも登場、久しぶりのアオジ、藪の主が飛び出してくれた。

約8km強、良く歩いた、が、今の身体能力にそぐわない道を歩いてしまった、そして次の日に
その負荷がきた、足首が腫れて痛みに耐えることになってしまった・・・お地蔵様、ゴメンナサイ!

コメント