夕焼けを撮る

夕焼けを撮ったことは一度もなかった。
ブロ友さんの海の夕焼け、海に沈む夕日の写真に見惚れてしまった。

marukeiは毎日板長だ、夕方5時から支度にかかる、したがって夕陽の時間は台所である。
妻に本日は少々夕食をお待ち下さいと宣言して午後4時過ぎに裏の丘に散歩した。

IMG_1646.jpg

遠く名古屋方面を遠望できる丘、雲の切れ間から夕陽が一瞬覗いた、撮るのは難しいが”美しい夕日”を拝んだ。



完全に沈むまで待つわけにも行かない、まだ明るい時間にカメラをぶら下げて
上り坂を急いだ、雲が多く太陽は陰っている。

IMG_1624.jpg

午後4時半を過ぎれば辺りは少し暗くなる、大きな雲の塊・・・取れないかな?

IMG_1626.jpg

いつもの池、こんな時間にも釣り人がいた、ヨシガモ達は人を避けて手前で遊ぶ、カワセミも飛び交う。

少し暗くなってきたので遠望がきく丘に移動した。

最初はオートで撮影・・・見れたもんではない、絞りやら設定を変えて撮った。

IMG_1636.jpg

雲に隠れたままの太陽、ホワイトバランスや露出などが重要と理解。

IMG_1635.jpg

設定完了・・・これがmarukeiの限界かも?

夕焼け空は郷愁を醸し出す、幼いころ海に夕陽が落ちる様を見続けていたような・・・

IMG_1637.jpg

チラッとお日様が顔を出した、上手く写りはしないけどとても良い時間を過ごせた。

寒さが沁みてきたので襟を立てて急ぎ足で自宅へ戻った、手がかじかむのでお湯で温めてから
包丁を握った、長男の胃腸の具合が良くないのでアッサリ、サッパリの料理が並んだ夕食だった。

コメント