養母と”オダマキ”の花

昨年の母の日に”鉢植えのカーネーション”をプレゼントした。
花も育てたことの無い養母、部屋で大切にして観賞していたのだが昨年の12月に枯れてしまった。

水やりの仕方もわからない、水をやりすぎて土が流れたり根が腐りかけたのかも知れない。
妻が言った、「お花買うから付き合って」、喜んで出かけた。

IMG_1656.jpg

淋しそうだから養母にプレゼントしたいと言う、”優しいネ!”、オダマキを買った、色は養母が好きな紫。

大変に喜んだらしい。(marukeiは定期健診で行けなかった)

「この花は何と言う名前かぇ~」・・・・、妻が冗談を言ったらしい。
  *養母は周りがうるさいのが嫌いだ、やれ食堂が騒がしいとか愚痴を言う*
妻:「オダマリ」と言います、お義母さんの好きな静かにする魔法の言葉と同じですネ!

養母:「・・・・・」

妻:「冗談です、”オダマキ”という花です」、養母は忘れないようにメモしたらしい。

優しい妻に助けられ、口うるさいmarukeiに刺激されて増々と元気になってゆく養母・・・

「俺の生気を奪い取って長生きするつもりだろう?」、と、言ったら左眉毛を釣り上げた・・・
養母の怒りの表現だ、これなら100まで生きるのかも知れない、めでたい事だ!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント