白き嶺を遠望

ブロ友さんである「裏山さんぽ」さんが新穂高の雪景色を写真記事にされた。
あまりにも美しい白き山々、輝く雪山が見たくなってしまった、向かった先は県野外教育センター、定光寺にある。

IMG_2504.jpg

駐車場から斜度25度はある坂を登る、苦労した先に待っていたのは白き山々、言うことなしの展望だった。
地獄谷から噴煙が登る御嶽山、雪は少ないが神々しい姿を見せてくれた。



標高221mに設けられた施設、研修所、キャンプ場、アスレチックなど等の設備が揃う。

IMG_2500.jpg

高さ30mくらいの展望台がある、登らなくても見えるが遮る物の無い展望台からの景色が素晴らしい。

IMG_2501.jpg

高蔵寺ニュータウンや小牧山の向こうは100名山の伊吹山、霞があるがそこそこに展望できた。
花の季節に妻と登った、花の100名山でもある、花々に囲まれた登山は最高だった。

少し西に転ずれば

IMG_2491.jpg

深田久弥が最後まで悩んだ101番目の名山、”能合白山”のスケールの大きい山容に目をとられる。
能合谷のゲートが閉められてアプローチが長いので福井県の温見峠から妻と登った、きつい登りだった。
この山の名を冠にもつ”能合イチゴ”を見つけた時は嬉しかった。

次に見えたのは

IMG_2492.jpg

たぶん”平家岳”だと思う、同定は定かでないが間違いないと思われる。
福井県の九頭竜から面谷林道、鉄塔巡視路を歩いて登った、途中、猪と鉢合わせ、妻を庇って戦おうとした。
猪は5mくらい前で直角に逃げた、ストックで身構えたmarukeiはホット胸をなでおろした記憶がよみがえる。

そして真っ白な山が目に飛び込んできた。

IMG_2493.jpg

”白山連峰”、さすがに雪が多い、左から三ノ峰、別山、白山と続く。
白川郷の手前の平瀬から登った、距離、標高差など白山禅定道はかなり厳しい、室堂まで4時間30分もかかった。
素晴らしい山だった、空身で山頂往復、早朝5時に登り始めて夕方5時に下山、疲れ切ったが素晴らしかった。

最後は御嶽山。

IMG_2497.jpg

いまだ登山者が眠る山、噴煙も上がる・・・。

田ノ原から1回、ロープウェイから2回、飛騨濁河から2回、良く登った山だ。
剣ヶ峰、摩利支天、飛騨頂上、継子岳、池も素晴らしい、二の池、三の池、コマクサ、雷鳥・・名山だ。

美しい山々を眺めて溜息がでる、この体力だとどこも登れそうにない、それも仕方なし。
眺めてばかりではしょうがない、ここは遊歩道もしっかりしている、山頂下から歩き出した。

IMG_2511.jpg

距離は長いが等高線の遊歩道、木漏れ日と野鳥の声を聞きながら快適ウォーキング。

IMG_2513.jpg

枝の間から顔を見せた”ルリ嬢”

IMG_2517.jpg

可愛い姿も魅せてくれた、ぐるり一周、少し歩き足りないが満足も満足、山みて歩いて大満足!

少しでも歩いて訓練を続けたら登山できるかも?、山小屋泊まりも考慮して夏山を歩きたいと切に思う。

コメント