fc2ブログ

お知らせ


数ヶ月休みです!
  • カテゴリ:その他

”明智の森で花巡り”

例年なら9月の中旬に訪ねる地、しかし、週間天気予報は悪い、雨降りの森の散策は大変だ。

時期は早いが、妻と相談してお日様マークがついた日の花巡り決行となった。

この地の山野草の一番の目的は自生の希少な花を愛でて撮ることだった。

IMG_2513_2022090715131732d.jpg

”シラヒゲソウ(白髭草)”、ウメバチソウ科の山野草、標高の少し高い場所に咲く。

明智の森の標高は700mを越える、沢の中に美しく群れ咲いていた、全国的に少なくなっている山野草。

レッドリストに指定している都道府県も多い、自生の花を愛でることが出来る地が遠くない場所にある、幸せだ。

撮った写真は100枚以上になったが、1回の記事で更新する、写真が多いことをご容赦願いたい。

”メドハギ”

いつもの散歩道を歩いた、県道脇の草地にハギの花が咲いていた。

IMG_2367_2022090615221610f.jpg

最近は数が減ってきた”メドハギ(筮萩)”、真っすぐに立つ姿が特徴的である、痩せた草地を好む、そして薬草でもある。

marukeiも1年以上出あっていなかった、増えてくれたら嬉しい。

”シラタマホシクサ”

昨日は日曜日、人の多い場所へ出向くのは躊躇してしまう。

しかし、ブロ友さんの記事に出会いたい濃いブルーの蜂、”オオセイボウ”の写真が掲載された。

出会えれば最高だ、そして月曜日は休園日なので訪ねることにした、残念ながら出会うことは出来なかった。

歩きたいので湿地に向かった。

IMG_2430_20220905155000900.jpg

湿地は”シラタマホシクサ”の世界になっていた、まだ蕾の花が多かったが一面の白い世界だった。

”イボクサ”

雨の心配は無かった、久しぶりに森で野草を探した。

珍しい野草ではない、秋が深まれば田んぼの際にも数多く咲くが、旬の時期に愛でて撮るのも良い。

往きは探せなかったが帰りに見つけた。

IMG_2359_20220904160349a32.jpg

湿った草地の中、長靴で入って見つけた”イボクサ”、淡い花色が素敵な野草、満足の瞬間だった。