”上を向いて青空を見よう”

午前に買い物出かけた、終えて昼食の店へ・・・”臨時休業”の張り紙、大誤算だ。
気に入った店まで渋滞の中の運転を余儀なくされた、たどり着いて食事を終える、車に戻って異常を感じる。

顔が真っ赤だ、のぼせている状態、窓を空けて冷気を入れて自宅まで戻った、しかし変わらない。
無理できないのでベットで休養、午後2時を過ぎて少々改善された、こんな時は外が良い。

IMG_5702.jpg

自宅から歩いて15分、いつもの池までゆっくりと歩く、冬の青空が清々しい。

明るい空の青色は副交感神経に作用して、脈拍や血圧を下げる。
その結果体温も下げる効果があり、安定した状態に導いてくれるという記事を読んだことがある。

まさにその通りだった、”上を向いて青空を見よう”・・・明らかに体調が改善していった。

楽しく彷徨った森の中・・・(後編)

県森林公園の南口から戻ったら日の当たらない森に入った。
縦横斜め、森の中を歩いて行き先を決めていた梅園に向かった、何十本もある梅の木、一つだけが咲いていた。

IMG_5605.jpg

春へのいざない、紅梅が咲いていた、桜の前に咲く梅の花、当地の梅の開花は遅いような気がする。
桃の節句の前に咲いてくれた梅の花、季節の味わいを感じさせてくれた。

楽しく彷徨った森の中・・・(前編)

歩けて楽しめて写真も撮れる、そんな場所が近くにある、愛知県森林公園。
有料だが整備された森の道と自然が楽しめる場所、約8kmを彷徨った。

IMG_5576.jpg

入場料払ってすぐにある池、鴨たちの楽園だった、情報ではオオタカが来ているらしい。
大砲のカメラマンが三名居た、目隠しされた衝立から覗いた・・・オオタカは居たが撮れなかった、歩き開始だ。

セツブンソウが咲いた

オヤツがない、有酸素運動しながらコンビニへ歩く、買った品物をポシェットに無理やり押し込む。。
一個入り切らない・・・ジャンパーに押し込んで、更に有酸素運動で岩屋堂手前の寺へ向かった。

いつもより断然早い、45分の有酸素運動になった、寺の境内にポツンと白い花・・・

IMG_5658.jpg

セツブンソウ(節分草)が咲き出していた、2日前までは影も形も無かった、嬉しい誤算となった。

”付け焼き刃だが”

血圧異常は今朝になって少しは落ち着いた、昨日の有酸素運動が利いたのかも?
blogネタも欲しい、ノンビリ散策も最高だ、しかし、ある程度の有酸素運動も欠かせない。

まずは歩くことを主眼とすべきだろう、写真は二の次だ、でも・・・できるかな?
意を決していつもの散歩道へ・・・まずは30分以上は少々の早足で歩き通す、岩屋堂公園まで休まずに歩いた。

IMG_5573.jpg

歩きはじめて40分、有酸素運動は終了、芽吹き始めた”ノイバラ”、まだ2月だが待ち遠しい新緑の季節。
marukeiは新緑の季節が一番好きだ、緑の葉と、赤い新芽がその季節を先取りしてくれる、待ちどうしい。