FC2ブログ

”雨の日に思う”

昨日は降りだした雨は止むことが無く降り続く日になった。

風も強い、散歩には不適だが短い距離を歩こう、妻の早朝ウォーキングコースを半分なぞる。
自宅近くに戻ったら雨は小降りになった、もう少し歩こう、池まで歩いた。

IMG_9945_20210306161607dc4.jpg

池についたら雨が強くなりだした、オオバン1羽だけの静かな池を眺める。

12時ちょうど、携帯が鳴る、養母の入院先の病院からだ、「そのまま担当医師と話してください」

医師から説明があった、「黒い便」、「貧血で顔が白い」、「不整脈の治療で8年も服用している薬も怪しい」
「飲み薬禁止」、「食事も禁止:入院から約2ケ月、口から食べられないので同じだ」、「日/2回の注射と点滴」
「高齢なので胃カメラ診断はしない」、「来週血液検査」、「容体が急変したら連絡する」、以上。

IMG_9944_2021030616160877b.jpg

雨に濡れた”ヒメコブシ”、花の命は短いけれど人の心を平和にしてくれる。

養母は98歳と7ケ月、寝て起きた際に腰椎骨折、次の日から何も食べられなくなった、呼吸も荒い、緊急入院。
入院してから約2ケ月、殆ど口から食べていない、点滴だけで生きている。

IMG_9949_2021030616160732f.jpg

開き始めたヒサカキも雨に濡れる、考えながら雨の中にたたずむ。

終末期・・・だと思う、医師は余命などとは言わない、点滴だけで長く生きるとは思えない、数十日後?、数か月?

苦しまずに旅立って欲しい、覚悟はしているが落ち着かないのも実情だ。

看取り後の事も考えておく必要がある、やるべきことを整理しながら妻と考えを一緒にしなくてはならない。

”雨の日は心も晴れない”、妻が言う「ドンと構えていてください」、ありがたい言葉だった。

”可愛すぎる・・・!”

岩屋堂の散策を終えての帰り道、駐車場近くの雑木林、周辺の色とは違う鮮やか色が目についた。

IMG_9855_20210305160502f14.jpg

まるで額縁の絵の中のような姿の”ソウシチョウ”だった、動きもせずに”可愛すぎる姿”のままに居た。

marukeiが育った北国の方言、可愛いのは「めんこい」、可愛さが少し増すと濁る、「めんごい!」、そんな姿だった。

ホッコリとしたmarukei、中国原産の帰化鳥、離れると鳴き交わすので相思相愛に例えられて「相思鳥」と名が付いた。

”ネコノメソウ”

暖かたったり寒かったりの毎日だが季節は確実に進んでいる。

早春の林縁に咲く地味な野草。

IMG_9843_20210304160750a98.jpg

”ネコノメソウ”、早く咲く場所を訪ねてみた、例年同様に小さくて黄色い花を魅せてくれた。

”ミツマタの花”

開くのを心待ちしていた黄色い花の集合体。

IMG_9850_20210303160546f10.jpg

”ミツマタ”の花が開き始めていた、和紙の原料木、ご存知の方も多いだろう、ほんわりと柔らかな姿、好きな花だ。

”春の嵐の日”

夜半から強い風の音、早朝は雨は小降りだったが南風は半端ない強さだった。

妻はいつも通りに早朝ウォーキング、朝5時半過ぎに出かけて行った、いつもより短いコースで帰ってきた。
6時過ぎに雨は強くなって時間が経つほどに風雨が強まる。

IMG_9834_2021030216223511b.jpg

2階の窓から家の裏、隣家の駐車場の屋根に雨が叩きつけられる、今日の散歩は無理だろう。

IMG_9835_20210302162234bcd.jpg

読書の日と決め込んだmarukei、昨日に図書館から借りてきた本、8冊借りた、そのうちの三冊。

特に”今野 敏 隠蔽捜査8:清明”、一年待ってようやく借りることが出来た、marukeiも妻も大好きなシリーズ。

昨年1月過ぎに発行された人気の本、図書館に行くたびに確認していたが常に貸し出し中状態。
予約を入れておけば連絡が来るが面倒なので棚に並ぶまで待った、一年待った。

棚を見た時に微笑んだ、帰って妻に報告、最初に妻が読む、昨日1日で読み終えた、marukeiは最後にしよう。

午後1時過ぎ、雨は強いが食材が足りない、強雨の中、3軒で買い物して戻った。

今は午後5時前、風は北西になった、雨は止んだ、そして寒くなりだした、今日は次男と3人で食事だ。

板長の仕事が待っている、明日は晴れるが寒くなりそうだ。