FC2ブログ

”赤い実が連なる小路”

ナンテンの実だろうか?、毎秋に必ず一度は歩きたくなる小路、野火の煙が漂う。

IMG_1298_201911161534427f3.jpg

岩巣山の西裾、井山の里と呼ばれる小さな里の小路、赤い実が連なる小路を歩いた。

”一気に冬模様”

荒れ模様とTVで気象予報士が語る、その通り、寒気に覆われて北海道などは降雪だ、そして強風も吹いている。

当地は西日本、西高東低の冬型の気圧配置になると伊吹山方面から季節風が吹き下ろられてくる、”伊吹おろしだ”。

IMG_1324_20191115161054dff.jpg

強い北西風だった、トレーナーで自宅を出たが風が吹くたびに”ブルルッ!”としてきた、歩いても汗もかかなかった。

化学工場の煙突、煙が強い風に横になって南東に流れる、猿投山方向だ、秋どころかいきなり冬の到来を思わせた。

”ため池の鴨たちと瑠璃色の君”

山頂公園付近をモミジ狩り散策した後は目的地の溜池に向かう、往復2.5kmのウォーキング開始。
林道は幅広くて歩きやすいが、往きは全て下り、当然に帰りは上り一辺倒、身体の負荷に良い。

IMG_1283_2019111415491465b.jpg

標高400m近くにある砂防溜池、目論見通りに”キンクロハジロ”が遊ぶ、潜水得意のカモだ。

ここは紅葉した木がなかった、例年なら池の水鏡に赤や黄色に映し出されるが・・・静かな池には変わりは無かった。

”低山の紅葉”

里の秋は進まない、少しずつ色づいてはいるが目の保養にはならない。

少しでも標高の高い場所なら里よりは紅葉が進んでいるだろう、訪ねてみた。

IMG_1263_201911131602218f9.jpg

目論見通りの風景が待っていた、黄色、薄緑、オレンジ、赤・・・交じり合うモミジの紅葉にため息が出るほどだった。

”25分だけの散歩”

昨日の午後は大荒れ状態の天候だった。

朝は雨、止んだが11時過ぎに雨が降り出した、午後になったら黒雲と雷、強雨が窓を叩く。
読書したりして過ごしていたら急に太陽が顔を出した、散歩だと思って準備しようとしたらまたもや黒雲。

雨が降ってきた、諦めていたら少しだが眠ってしまった、眩しい光で目が覚めてのは午後2時半を過ぎていた。
少しでも歩こう、近隣の散歩だ。

IMG_1233_20191112155404c33.jpg

オオアオイトトンボに足が止まる、ウォーキングのつもりだったが被写体を見つけると足が止まる、散歩になった。

IMG_1229_20191112155405276.jpg IMG_1231_20191112155405d4b.jpg

藪から野鳥が飛び出した、遠い、暗い・・・ピンボケだったので画像を小さくした。

”ホオジロ”と”アオジ”が仲良く餌探し、アオジは初撮りだ、渡ってきた冬の野鳥。

IMG_1232_2019111215540557b.jpg

チダキコンギクは終わりに近いが頑張って花を広げていた。

歩いているときは大股で早歩を心がけた、3時前に戻った、”早い!”と妻がほほ笑んだ。

今日は妻の誕生日、忘れていないmarukei、誕生日に食べたいと言っていた握り寿司。
朝からの限定販売、無くなったらお終い、開店前に着いて開店して直ぐにゲット、ケーキも買った。

夕食はお祝いだ、帰ってこれない次男からメールがあったらしい、優しい子供たち、板長も頑張るぞ!!