穏やかなご尊顔

朝から雨が降り続く、気温も低い。
養母の世話に行った、この所大いにお疲れの様子だ、直ぐに疲れてしまうらしい。

齢95、疲れて当然だろう、食は好き嫌いがまかり通っているので大丈夫だろう。

IMG_3668ha1.jpg

寺の境内に鎮座する御坊様、後ろの紅葉よりも鮮やかな赤布。

凛々しくも穏やかなご尊顔で佇む、若い時は神仏などにはまったく興味が無かったmarukei。
今は違う、人間心が乱れた時は何かにすがりたい気持ちになる、そんな歳になってしまった。

養母も身体が痛まないうちにお迎えが来て欲しいと言う、毎朝欠かさずに願いことをする阿弥陀様の額縁
静かに”蓮の花の天国”へ連れて行ってもらいたいと願うmarukeiだ。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

「秋も半ば」

散歩はまだ自重している、歩いても良いが・・・もう少しの我慢だ。
車で”小さな秋探し”、標高の少し高い場所に車を停めて景色を眺める。

IMG_2489.jpg

北西から風が吹く、ススキが風に揺れる・・・ざわめく白い穂波が美しい、秋も半ば。

(越えなければならない”山”はまだある、山頂も見えない山もある。)

IMG_2485.jpg

色づいた銀杏の葉が午後の光に煌めく・・・”秋だなぁ~”、と、ため息が出る。

(身体も心も傷ついているが元気になってゆく、大丈夫だろう、出来る限りのサポートは約束する。)

IMG_2488.jpg

ドウダンツツジも色がついてきた、桜もモミジも紅葉の季節になってきた、散歩できれば楽しいだろう。

明日を見据え、みんな元気で過ごせれば先は明るい、そんな気持ちだ、心は少し軽くなっているmarukei。

家族で一番元気なのは95歳の養母、白髪のハンサムな人がお迎えに来れば逝っても良いのだとか?
残念ながら黒い人しか来ないのでまだまだ生きると妻に言ったらしい・・・素晴らしいお身体だ、感服!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

無事に降りてきた

朝9時少し前、待望の電話、弓折岳分岐からだった、降りている最中、12時半までには新穂高へ。
早い・・・marukeiなら午後1時半までに降りられれば早い、健脚の長男。

慌てて支度して高速へ、ゆっくり走って新穂高へぴたり12時半、彼は3分前に降りていた、元気に歩いていた。

IMG_2493.jpg

時間がなくて写真を撮る暇もない、平湯峠の道に車を停車して写した唯一の写真。
笠ヶ岳の稜線が美しい、快晴の日、連絡を待たずに早朝に出かけるんだった。

体調が改善して元気に降りてきた、20kg近いザック、背中を丸めて降りてきた、元気な姿に大安堵。
2ケ月以上、お疲れ様でした、marukeiのお尻も7時間半の運転に対応できた、痛みは無い、嬉しい一日だった。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

苔との戦い - 第二弾

腰や身体を痛めながら全面に張り付いた、”ゼニゴケ”と”スナゴケ”を引き剥がし
そして土篩で土を濾して石灰を混ぜて改良した北側通路と東側通路・・・しかし、南側の庭が手付かず。

一昨日と昨日、ようやくメインの庭の”苔剥がし開始”。
昨日は妻も手伝ってくれてようやくメドがついてきた。

kokeniwa.jpg

日が経過した北と東の通路の土は落ち着いた、南の庭はmarukeiの長靴跡だらけだ。(笑)
今朝は早速”ネコがウンチしていた”、野良猫は土がフカフカした場所が好きらしい!。

ま土篩や石灰などの作業が残っているが、腰痛などが治るまで待つしか無い。

IMG_1317.jpg

大汗のひと仕事を終えた玄関先、一年中咲き続けるシクラメンと茶色の風船をつけたカズラに癒やされた。

まだまだ続く”苔との戦い”・・・疲れる、そして散歩が出来ない、早く終えたい。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

「ウルウル」してしまった。

天気がはっきりしない連休初日、思い切って散歩に出ようとして支度中・・・・。
”雨ざんざん”だと玄関から妻が帰ってきた、外に出た・・・雷が轟く!

暇なので久しぶりに買い集めていたDVDコレクションを引っ張り出してみた、そして観賞した。

IMG_1092.jpg

宮崎アニメ、”コクリコ坂から”、終戦後18年たった昭和前半の一人の少女と少年の物語。

”純粋”、”気負い”、”大人の愛”・・・久しぶりに目頭が「ウルウル」してしまった。

内容は薄っすらと記憶していただけだった、観賞し直しは客観的に見られるので良い。

雨の日はDVDコレクション観賞にしよう!(70枚以上ある)
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件