美しい寺の裏庭

岩屋堂浄源寺、美しいモミジの大木がある山門前は紅葉はまだだ。
裏庭にもモミジがあるので覗いてみた。

IMG_3667.jpg

本堂裏は裏庭らしい美しい光景があった、西日があたって得も言われぬ景色を堪能した。

野鳥を待つ

午後2時半くらいまで用事があった、散歩の時間を長く出来ない、近くで野鳥を待って見た。
不思議なもので構えていると野鳥も来ない、諦めずに待っていると最初の野鳥が登場。

IMG_3636.jpg

スマートなホオジロだった、草薮のマイフィールド、時間の許す限り待ってみた。

穏やかなご尊顔

朝から雨が降り続く、気温も低い。
養母の世話に行った、この所大いにお疲れの様子だ、直ぐに疲れてしまうらしい。

齢95、疲れて当然だろう、食は好き嫌いがまかり通っているので大丈夫だろう。

IMG_3668ha1.jpg

寺の境内に鎮座する御坊様、後ろの紅葉よりも鮮やかな赤布。

凛々しくも穏やかなご尊顔で佇む、若い時は神仏などにはまったく興味が無かったmarukei。
今は違う、人間心が乱れた時は何かにすがりたい気持ちになる、そんな歳になってしまった。

養母も身体が痛まないうちにお迎えが来て欲しいと言う、毎朝欠かさずに願いことをする阿弥陀様の額縁
静かに”蓮の花の天国”へ連れて行ってもらいたいと願うmarukeiだ。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

ポカポカと散歩日和

曇ると寒いが、日射しが出るとポカポカと温かい午後、いつもようにいつもの道を歩く。
テントウ虫が飛んできてぶつかって地面に落下、慌てて飛び去る、またもや大きな昆虫がぶつかる。

IMG_3521.jpg

カマキリだった、彼も慌てて近くのシャクナゲの枝に逆さにぶら下がる・・・ポカポカは昆虫たちも気持ち良いだろう。

マルバノキ

そろそろ咲く時期だ、自生のマルバノキ。

IMG_3618.jpg

この時期に紅色の花を咲かせる、1回/年の楽しみだ、小さい花なので撮るのは大変だった。