FC2ブログ

皆既月食の日

今晩は皆既月食が見られる日、予報は曇り、夕食後に外に出てみた。

IMG_5053.jpg

まん丸の大きな月が東の空に浮かんでいた、月食は午後9時過ぎ、marukeiは寝ているかもしれない。
月は神世の昔かから人との係わりが大きい、引力が大きく影響しているらしい。

月は浪漫だ、月を見て悲しいんだり、喜んだり・・・冬空に浮かぶ月は美しい!

越年した”キランソウ”

昨年の初夏から咲き続けている野草がある。

IMG_4951.jpg

”キランソウ”と言うなの野草、昨年の初夏から咲く、秋口に一度枯れたが直ぐに復活して
この寒い冬でも咲き続けている、そして越年した、信じられないが事実だ、南向きの地、土は温かいのだろう。

新年会の日

昨年5月以降、外でのお酒は飲んでいなかった。
7月以降様々出来事があってそれどころではない日々を送っていた、定例の懇親会を
2度もキャンセル、友が訪ねてくるのもご遠慮いただいた、年一回の仲間たちの総会もキャンセル。

見かねて臨時の新年会を催してくれた、一段落したので喜んで参加表明。

IMG_4937.jpg

強い季節風が吹く、公園を散歩して、温泉に入ってから生ビール・・・そんな事を頭に描いて妻に送ってもらった。

昨日は少しの二日酔いと極端な寝不足がたたってblogも更新せず、ベットと仲良くしていた。

残雪と青い鳥

起きて居間に降りたら「雪が積もっている」と、妻言う、外に出てみたら残日より多い積雪だった。
2日続けて車の雪下ろしと玄関の除雪。

岩屋堂へ散歩、祠の前でルリビタキが遊んでいた。

IMG_4918.jpg

残雪に映える、瑠璃色、橙、黄色・・・そして愛くるしい目、存分に楽しんだ、モデルさんサンキュウーッ!

散歩の途中、”アニマルトラッキング”

最強寒波到来中、当地も夜半から降雪、”バリバリ”凍結、不要不急なら外出せず。
午後も寒い、不要不急だがmarukeiには必要な散歩、いつものと同じように歩きに出かけた。

岩屋堂入り口から裏道を歩く、溶けない雪に足跡、雪の日の楽しみ、”アニマルトラッキング”だ。

IMG_4869.jpg

狭い場所を往復している動物の足跡・・・どんな動物だろう?
正解は「タヌキ」だと思う、当地は、キツネ、イタチ、カモシカ、イノシシなどを視認している。

自然豊富な地の雪の日はこんな楽しみもある。

嬉しい訪問

netも○HKも朝九時から夜まで雪予報、しかし、降雪は無し、季節風だけは強い。
こんな日は歩きに専念、いつもの散歩道をカメラも出さずに歩き続ける、30分も歩くと身体が温まる。

珍しい・・・自宅から1時間以上歩き続けていつもの池へ、池の最奥部に白い大きめの水鳥が見えた。
望遠で見たら、嬉しや嬉しや・・・”ミコアイサ”だった。

IMG_4807.jpg

水上のパンダさん、妻に言わせればギャングの顔にも見えるらしい。
この池にミコアイサが訪れるのは一冬で1から2回、貴重な訪問、池の奥まで歩いて近くで撮れた。

”愛しのジョビボール”

天気予報は朝から雪マーク、大外れ、青空の覗く午後だった。
岩屋堂、渓谷の上部、極めて近い枝で可愛く佇む野鳥、それも膨らんだ姿だ。

IMG_4836.jpg

大好きな大好きなジョウビタキのお嬢様、”ひと目見た時から愛してやまない”
我が冬の”愛しの恋人”、ジョウビタキのお嬢様に近しく逢えた、幸せだ!

紅梅が咲きだした

日曜日、無性に焼き鳥が食べたくなった、焼き鳥は贔屓の店がある。
豊田市の郊外へ向かった、土日しか営業していない、好きな品を購入、近くにある
これも贔屓のラーメン屋で醤油豚骨の美味しいラーメンを食べた、妻に腹ごなしで歩く?、OK!

IMG_4826.jpg

ラーメン屋から5分、愛知県緑化センターの梅園へ、蕾だらけの園に咲き始めていた紅梅。
青空に美しい花を魅せていた・・・”春が来る”

奥瀬戸の原風景

コンビニで好きな食べのもを買おう、目的があれば足の運びも良い・・・しかし。
コンビニの手前で気がついた・・・財布を忘れた、戻る気力もない、手前で左折、知らない道を歩いた。

途中でもお下が要求、岩屋堂から流れてくる鳥原川沿いに歩いてスーパーへ、トイレに駆け込んでホットした。
店内を一周、買いたい物も先立つ銭も薄い、なんとはなしに道の駅方面に歩いた。

IMG_4821.jpg

自宅から4km近い、瀬戸の奥は”陶磁器産業の根をなす”、陶土を含めた鉱山も多い、これが瀬戸品野の原風景だ。

春の息吹

春の息吹を探したくて2ケ所を歩いた。

IMG_4771.jpg

いち早く咲く春の花、”シナマンサク”が開花しだした、大寒の時期だが春の歩みは確実に近づいている。

”それぞれのくつろぎ”

病気と戦っている長男、大自然に囲まれた地で仕事をしながらリハビリ中。
3連休、東京へ行く用事があるが我が家へ立ち寄ってくれた、茅野から塩尻経由で多治見まで
迎えに行った、その日は長男の好きな食べ物を用意した、朝にはグッスリと眠れたと言って起きてきた。

くつろぐ場所は我が家・・・嬉しい、見て話して、随分改善された様子だった、朝に送っていった。

その日の午後、いつもの散歩、何故かしらくつろぐ生き物に目が行った。

IMG_4752.jpg

庭先でくつろぐワンコ・・・、やっぱり我が家が一番、日溜まりで横になるワンコ、人も生き物も同じなんだ。
安心が一番、我が家の長としての立ち位置がある、優しい父親で居たいと思った。

標高400mの溜池

静かな場所を歩きたい、昨年の春に5歳の男の子に”おにぎりさん”と呼ばれた場所へ。
往復2,5kmの林道を行く、目的地は標高400mを越す場所にある大洞池という溜池だ。

IMG_4675.jpg

冬空と白い雲が映る水面を見ながら池を一周、静かな世界だった。

”春の先駆け”

歩きだしたら直ぐに膝の関節痛、息も上がる、まだ100歩も歩いていない・・・。
一昨日から養母の風邪と下血の世話、熱もようさく下がりだして一安心、出来るだけ側にいた。
”うつったかもしれない”、御免被りたい風邪の症状に似ている、関節痛、そして身体がダルい。

IMG_4769.jpg

そう思いながら目的地に到着、”春の先駆け”、福寿草が一輪咲いていた、待ち遠しい春を見た。

住居の配慮でご飯も部屋に配膳、養母は寝たままで、そのときだけ起きる、熱を測って一安心。

今朝も様子を見に行った、寝たままだが熱は下がっていた、食も細いが相も変わらず我がままは通す。

散歩帰りに寄ることにして出かけたが身体が変だ、福寿草の場所まで歩いた。

IMG_4766.jpg

何て美しいのだろう、黄色い春が迎えてくれた。

IMG_4767.jpg

これから咲く芽も数多く土の上に顔を出す、少しだけ心が和んだ。

踵を返して養母の所へ、真っ暗な居室で寝ていた、起こして熱を測る、36,1度、昨日の解熱剤から薬は飲んでいない。
ガラガラ声と、咳と痰が治まれば安心だが・・・下血は続いているらしい、考えても詮ない事だ。

疲れ切って自宅へ戻る、marukeiの身体を気遣う妻、風邪薬を出してくれたが飲まずに1時間少々寝た。
熱も出ずに済んでいる、板長仕事も無事にこなしていつもより多めに酒を飲んだ、明日も養母の世話。
通所はお休みにした、”命ある限り”寄り添うしか無い、老齢・・・心の備えが大事だ。

年寄りの”自尊心?”

今日は雨降り、横殴りなので散歩もできない、養母用の補聴器の電池と足りない野菜を買いに出かけた。

IMG_4763.jpg

買い物帰り・・・標高200mの”いつもの池付近”、濃い霧、10m先も見えない、午後3時を過ぎていた。

昨日、養母の所へお世話に、直ぐに職員に呼び止められた、脈が140・・・不整脈の症状だ
朝食後に薬を飲むので大丈夫と話した、今度はケアマネさんが来て真剣な顔で話す。

通所で1W前から下血の症状、住居の職員さんに連絡して家族に知らせると行ったら・・”ダメ!”
内緒で知らせてくれた、部屋に行って通所の連絡帳、書いてあった、それと熱と口の中の湿疹。
風邪の症状だ、インフル検査も必要なので医者へ・・インフルはOK、下血は様子を見て総合病院へとなった。

今朝になって通所に行くべきか連絡があった、看護師もいるので行って貰った、それから何も無しで午後になった。

IMG_4764.jpg

いつもの池も濃霧で見通しが利かない、”ボーット”幽霊のように見えるアオサギ、何やら良くない予感。
自宅に戻って直ぐに通所から連絡、熱が38,6度、昨日貰った薬は持っていかなかった。

すぐに迎えに行って住居で薬を飲ませた、職員さんに世話をお願いした、熱が下がれば良いが・・・。

下血の事実を職員に知られるのが恥ずかしい、そんな理由で”言うな”と言ったみたいだ、情けない。
もうすぐ96歳、自尊心だけは衰えない・・・意思疎通が出来ないので”きつく叱った”

何が起きても不思議ではない年齢、家族とのコミニュケーションも取れない、”自尊心”を捨てて欲しいと願う。
今晩、熱の計測と状態確認をしに行かなきゃならない、”下がれ熱!”
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

春を待つ”赤い芽”

まだ1月だが自然に生きるのもは”春への準備”を始めている。

IMG_4686.jpg

赤いネコヤナギが冬芽を膨らみ始めさせた、弾けると美しい姿になる、寒い冬が続くと
開花が早くなると言われている、そろそろ春が待ち遠しくなってきた。

”シロハラ”現る

冬鳥の種類はたくさん居る、が、撮れてない野鳥も多い。
自宅から100m、町内の山の神の祠の側でうごめく野鳥、最初は見やすい場所にいたが逃げた。

IMG_4717.jpg

かろうじて捉えた、”シロハラ”、冬場に当たり前に見られる野鳥だが今冬初めてのモデルだった。

”ブルル・・・”、心が折れた

正月返上で働いていた次男が帰ってきた。
ようやく今年が始まるという、ノンビリと休んでもらって彼を送っていった、帰り道に広久手の森がある。
久しぶりに歩いてみた。

IMG_4701.jpg

ツララ・・・極めて寒い世界だった、寒いとはいえツララが出来る寒さはそう多くない、直ぐに心が折れてしまった。

”居るかな?”

オーレンと野鳥を見ての帰り道・・・少々歩き足りない。
自宅付近をやり過ごして向かったのは雲興寺の真後ろ、八王子池と呼ばれている児童公園にある池。

オシドリの穴場、カメラの放列も無い、例年なら1月には移動してしまう、が、期待を込めて向かった。

IMG_4654.jpg

着いた時は見つけられなかったが、待つこと5分、陸から2羽が水面に泳ぎだした、”おしどり夫婦”だった。

セリバオーレンと青い鳥

なかなか咲かない冬の野草、例年なら少しは咲いているのだが。
今年に入って3回目、葉は沢山あるが花は見えない、必死に探した、ようやく一株見つけた。

IMG_4613.jpg

”セリバオーレン”、この地は瀬戸の北の神社、いち早く咲く場所だ、探し当てて溜飲を下げた。
季節の野草、毎年楽しみにしているので嬉しさは半端なかった。

真っ赤な実

いつもの散歩道、訪れる人々は殆ど岩巣山に登山する人々、散歩するのはmarukeiだけ。
冬枯れの鳥原川に真っ赤な実が映える。

IMG_4601.jpg

夏には数え切れない人々が水遊びに集う場所・・・そんな光景を目に浮かべながら歩く道、静かで素敵な道だ。

戻ってきた”鴨”

昨日は一日中不安定な天候、午後に少し青空が覗いた、歩こう!
しかし、程なく強い季節風、横殴りの雨が降る、雨宿りしながらだったが結局ヌレネズミで帰ることになった。

IMG_4610.jpg

正月から3連休まで、いつもの池は釣り人で賑わったいた、突如として水際に降り立ってルアーを操る。
カモたちはびっくりして飛び立つ、そのうちに”鴨の居ない池”となった、昨日は流石に誰もいない。

鴨が戻ってきた、お休みしたり餌を喋んだり・・・いつもの池が戻ってきた、嬉しい!!!

微々たる成果物

皆様、正月太りで悩んでいる方々も多かろうと推察している、当人も同様である。
歩こう、歩けば少しでも成果は出るだろう、今年初の森の道を歩いた。

IMG_4587.jpg

いつもの散歩道とは大きく違う木の根の登リ道、エイコラ、エイコラと頑張る、ほとほとに疲れた森歩き。
帰って勇んで体重計・・・Beforeは明かせないが、Afterはたった-400gの減、夕食のビール一本でチャラ(笑)だ。

道端の”カワセミ”

予想だにしていなかった。
散歩に行く途中、狭い道に入る手前、減速していたら野鳥が飛んできて民家の庭先の小さな池の杭に停まった。
最初はヤマガラかと思った、良く見てみると・・・。

IMG_4576.jpg

カワセミのお嬢様だった、カワセミの雌雄の判別はくちばし、下が赤いのはお嬢様、可愛いお嬢様だった。

最初は車の中から撮っていたがすれ違う車に迷惑がかかる、少し進んで空き地に停めてカメラを構えた。

IMG_4580.jpg

逃げない、可愛い・・・狙っても撮りにくい野鳥、ラッキー以外なにものでもない。

冬場、 blogの写真ネタにも窮する毎日、素敵な被写体に巡り会えた。

IMG_4574.jpg

優しい顔をしている、彼女は暫くして里の道を飛んでいった、距離は5mも無い、こんなに近くで撮れる機会は少ない。

こんな日もあるんだ、自宅から歩く日が多い、たまには車で出かけるのも”当たり”に当選する。
正月太りの解消は程遠い、でも・・・努力はしよう!、2018年も歩き続けよう。

初お出かけ

正月は近場に一度買い物に出かけただけだった、美味いラーメンとできれば手に入れたい物が
あったのでドライブに誘った、二つ返事でOK、10時過ぎに出かけた。

P1130207.jpg

途中に寄り道した”道の駅山岡”、日本最大の水車が回る、日のささない寒い日だった。

”めんこいエナガ”

いつもの散歩道は少々飽きてきた、歩く、撮る、両立が望ましい、野鳥が気になる、我がフィールドに出かけた。
車で10分少々、勇んで出かけた割には野鳥は居なかった。あきらめて車に戻ったら野鳥が現れた。

IMG_4560.jpg

めんこいエナガだった、枝が邪魔で可愛いお目々が写らなかったが可愛さは写せた、情けない散歩になった。

”落ち花の絨毯”

自宅から歩いて10分、小さな椿園がある、そして”山茶花の大木”がある。

IMG_4538.jpg

落ちて更なる輝きを放つ山茶花の花びら・・・美しかった。

”一本の木”

岩屋堂の渓谷上部に繋がる川沿いに一本の木がある、野鳥が大好きな実をつける。
歩いて行くと運が良ければ冬の野鳥に出会える、この日もドンピシャに出会うことが出来た。

IMG_4455.jpg

ルリビタキの若い雄、一見雌に見えるが翼の根本が瑠璃色になっている、若い雄の特徴だ。
美しいですネ~、何十枚も写せた、若い雄のルリビタキ特集だ。

雉見ゆ

「雉も鳴かずば撃たれまい」というコトワザがある、”無用の発言をしたばかりに,自ら災害を招くことのたとえ”だ。

”キジは鳴くことがなかったら猟師に気づかれて撃たれることもないだろう”という按配だ。
「ケーツ!」、遠くで奇妙な鳴き声がする、目を凝らして探してみた、40m位先のあぜ道にいたのは。

IMG_4521.jpg

見事な姿の雄の雉だった、鳴かなければ見つけられなかった、でも、marukeiだから撃たれる事はなし。
blogの材料になっただけ、”めでたしめでたし”だ。

2918年、初散歩

2017年の後半は心が擦り切れそうな毎日だった。
岩屋堂の”薬師様”にご加護をお願いする散歩の日々を過ごした、初散歩は御礼と
今年のご加護をお願いすることにした。

IMG_4502.jpg

お灯明が暗い祠の中に灯る、浄財を入れて御礼とご加護をお願いした。

明けましておめでとうございます

ganta1801.jpg
                     <冬の濃尾平野>

明けましておめでとうございます。

本年も皆様方に幸多かれと祈願いたします、本年もよろしくお願いいたします。
  • カテゴリ:その他