FC2ブログ

活動開始・・ニホンミツバチ

春の気温、冬物ジャンパーを着て歩いていると直ぐに汗をかく、こんな日は散策に適している。
畦道を時間をかけて散策・・・一頭の黄色い蝶が舞う、追いかけたが見失った。

そうだ!、昆虫を探してみよう、直ぐに見つけることが出来た。

IMG_5734.jpg

ニホンミツバチだ、数少ないオオイヌノフグリを移り飛ぶ、野の花を探して昆虫が動く、”春が来た”

「四度目の正直」

三度目の正直、仏の顔も三度まで・・・等など”三度”が限界だ、しかし、四度目だってあるだろう。
探して探して四度足を運んだ、そして愛でることが出来た。

IMG_5736.jpg

”シコクバイカオーレン”、探しても無いはずだ、咲いている場所まで行くのをためらう場所だった。

先日に声をかけられた、花を探しています、シコクバイカオーレンが咲いているとnetで見ました。
場所がわからない・・・marukeiは知っている、早速案内したが、いつもの場所で枯れていた。

その方にblogのURLを教えて登録してもらった、見つけたら載せると約束した。
自宅へ戻って花サイトを探す・・・咲いている、それから散歩の途中で必ず寄り道、くまなく探したが見つけれなかった。

アオゲラ見参

滅多に撮れる野鳥ではない、ラッキーな散歩だった。

IMG_5642.jpg

美しい!、日の射さない曇り空、風も強い、羽毛を風に煽られながら凛とした姿だった。

”上を向いて青空を見よう”

午前に買い物出かけた、終えて昼食の店へ・・・”臨時休業”の貼り紙、大誤算だ。
気に入った店まで渋滞の中の運転を余儀なくされた、たどり着いて食事を終える、車に戻って異常を感じる。

顔が真っ赤だ、のぼせている状態、窓を空けて冷気を入れて自宅まで戻った、しかし変わらない。
無理できないのでベットで休養、午後2時を過ぎて少々改善された、こんな時は外が良い。

IMG_5702.jpg

自宅から歩いて15分、いつもの池までゆっくりと歩く、冬の青空が清々しい。

明るい空の青色は副交感神経に作用して、脈拍や血圧を下げる。
その結果体温も下げる効果があり、安定した状態に導いてくれるという記事を読んだことがある。

まさにその通りだった、”上を向いて青空を見よう”・・・明らかに体調が改善していった。

楽しく彷徨った森の中・・・(後編)

県森林公園の南口から戻ったら日の当たらない森に入った。
縦横斜め、森の中を歩いて行き先を決めていた梅園に向かった、何十本もある梅の木、一つだけが咲いていた。

IMG_5605.jpg

春へのいざない、紅梅が咲いていた、桜の前に咲く梅の花、当地の梅の開花は遅いような気がする。
桃の節句の前に咲いてくれた梅の花、季節の味わいを感じさせてくれた。

楽しく彷徨った森の中・・・(前編)

歩けて楽しめて写真も撮れる、そんな場所が近くにある、愛知県森林公園。
有料だが整備された森の道と自然が楽しめる場所、約8kmを彷徨った。

IMG_5576.jpg

入場料払ってすぐにある池、鴨たちの楽園だった、情報ではオオタカが来ているらしい。
大砲のカメラマンが三名居た、目隠しされた衝立から覗いた・・・オオタカは居たが撮れなかった、歩き開始だ。

セツブンソウが咲いた

オヤツがない、有酸素運動しながらコンビニへ歩く、買った品物をポシェットに無理やり押し込む。。
一個入り切らない・・・ジャンパーに押し込んで、更に有酸素運動で岩屋堂手前の寺へ向かった。

いつもより断然早い、45分の有酸素運動になった、寺の境内にポツンと白い花・・・

IMG_5658.jpg

セツブンソウ(節分草)が咲き出していた、2日前までは影も形も無かった、嬉しい誤算となった。

”付け焼き刃だが”

血圧異常は今朝になって少しは落ち着いた、昨日の有酸素運動が利いたのかも?
blogネタも欲しい、ノンビリ散策も最高だ、しかし、ある程度の有酸素運動も欠かせない。

まずは歩くことを主眼とすべきだろう、写真は二の次だ、でも・・・できるかな?
意を決していつもの散歩道へ・・・まずは30分以上は少々の早足で歩き通す、岩屋堂公園まで休まずに歩いた。

IMG_5573.jpg

歩きはじめて40分、有酸素運動は終了、芽吹き始めた”ノイバラ”、まだ2月だが待ち遠しい新緑の季節。
marukeiは新緑の季節が一番好きだ、緑の葉と、赤い新芽がその季節を先取りしてくれる、待ちどうしい。

「ドタ!、ザッ!」・・「ドス!」

タイトルの表現はmarukeiの足音だ。
マシュマロ体型が増々と一回り大きくなっている、”歩かなくっちゃ”、それともう一つのわけがあった。

IMG_5494.jpg

アセビが開花しだした森の道、人があまりいない場所を歩いた、しかし・・・身体が重い、どこまで歩けるか?

雄のベニマシコ

今冬一回しか撮れていなかった♂のベニマシコ、可愛さは♀だが色は当然に♂の色が奇麗だ。

IMG_5475.jpg

若い♂だった、くちばしと目の間の紅毛、尾羽根の前の紅毛も若々しい。

野草も殆ど無い冬枯れの季節、散歩の被写体は野鳥に傾く、同じ野鳥の写真も載せる記事が多くなる、ご勘弁あれ。

土日の行動

昨日、ブロ友さんの写真に目が釘付けになった。
”キレンジャク”と”ヒレンジャク”の姿だった、2年間出会ってはいない、場所は近い、行って見よう。

冬の野鳥愛好家なら見たくなるのだが、そんじょそこらにいるわけではない。
岐阜県美濃加茂の大田宿という場所なら確実に見られるが連日の大砲列なのでチンケなカメラのmarukeiは躊躇する。

一昨年まではいつもの池周りで出会っていたが昨冬も今冬も姿が見えない、行っても出会えるかは
分からないが行った・・・昨日は姿を見ることはできなかった、そして今日も行ってみた。

日曜日、散歩する人々、子どもたちの歓声・・・賑やかな池、20分待ったが姿をみせず
帰ろうかと思っていたら一羽の野鳥が木に停まった。

IMG_5556.jpg

待ち望んでいた”キレンジャク”だった、群れているはず・・・しかし一羽だけだった、木の枝が邪魔だが
証拠写真程度に写せた。。。直ぐに飛んでいった、群れが飛んでこい、願い虚しく帰る時間になった。

春の兆し

暖かな午後だった、寺の境内でセツブンソウの葉を探す、この地で咲くのはまだまだ先。
咲く位置を特定したかった、しかし、葉も見当たらない・・・探していたら”春の使者”を見つけた。

IMG_5526.jpg

フキノトウ、地面には春の兆し、何となく心が弾む、確実に春が近づいている。

動き出した昆虫

啓蟄まで残り少ないが早、昆虫が動き出した。

IMG_5521.jpg

このところの暖かさにつられたのだろう、”テントウ虫”が畦の土手を忙しく動き回る、春は近い!

買い物ついでに”デート”

多治見市の郊外に買い物に出かける日、遠いけど1回/月の楽しみだ。
昼食は外食と決まっている、それなら早めに出て”花”を見ようか、迷いもなく妻はOK。

IMG_5390.jpg

遠回りして立ち寄った春日井動植物園、モルモットの可愛い姿に虜になった、風が冷たい日だったが
買い物前に妻と楽しんだ。

野鳥撮り

用事をこなして帰ってきたのは午後2時前だった、いつもような長い散歩は止めよう。
自宅から近い場所、いつもの池や雑草地帯で野鳥を撮って散歩にしよう、冬鳥に出会えれば最高だ。

IMG_5419.jpg

野鳥の鳴き声に粘った、藪から出てきてくれたのは、ベニマシコのお嬢様だった、嬉しや嬉しや!!

超嬉しい日

今日は蓼科で自力で病気と戦う息子が一時帰宅の日・・・待ち遠しい。
午前十時に仕事を終えているはずだ、電話が来た、身体の調子が悪いので寝てから帰るかどうか
判断すると電話あり、帰ってこれないカモ?、午前11時、2時間寝てから帰ると連絡。。。半端ない楽しみだ。

IMG_5423.jpg

風が唸るいつもの散歩道、竹藪が”キーコ”とか”バキバキ”と音を鳴らす。
急に胃が痛みだした、身体も重い、右足の甲も痛い・・・早く帰ろう!

足を引ずって歩く、ようやくいつもの池に近づいた、手前に大きな広場がある、入り口には鍵がある。
この地は爺様たちの”土のにわかゴルフ場だ”、野鳥がうごめく。

IMG_5428.jpg

カワラヒワとトラツグミの2ショット、何と幸運だろう、そしてトラツグミは”ダンス”を始めた。
動画を撮った・・・載せようとしたら動画の最後に広告の”エッチ”な画像が出てきた、載せるわけにも行かない。

暫く立ち止まっていたら、更に風が強くなった、そして・・・。

IMG_5425.jpg

雪が降ってきた、午後一番に散髪した刈り上げの頭には寒すぎる、帰ろう、携帯が鳴った、妻からだ。
午後2時前に長男が出立したという連絡だった。

午後4時半前に無事に帰ってきた、元気な姿に”ホッとした”、胃薬を飲んだら板長仕事。
最高の”おもてなし”を考えて料理を始めた・・・”美味い!”、その一言で全ては報われた、嬉しい日になった。

寒波再襲来

またしても寒波、そして天気予報もまたもや当たらず・・・夕方さらっと降っただけだった。
当たらないほうが良い、されど気温は低い、半端ない寒さだ。

IMG_5337.jpg

岩屋堂上部の渓谷、流れの無い石の上は氷の世界だった。

今日は当たるかな?(天気予報)

朝はそんなに寒くは無かったが午前10時を過ぎたら北西の風が強くなった。
今冬、天気予報は大方は”ハズレ”が多かった、連日の雪だるまマークも殆ど降ることはなかった。

本日も午後9時から翌朝の9時まで雪だるまマーク・・・”今度こそ当たるかな?”

IMG_5367.jpg

北西から”帯状の雲”が流れる、青空だが雲下に入れば風花が舞う。
いつもの畦道を風に押されながら歩く・・・寒い!、毛糸の帽子も寒さを防げない。

何も撮らずに歩く、意識して身体を伸ばす。。。が、寒いので気がつけば背中を丸めていた。

IMG_5368.jpg

寺の境内、裏庭に行ってみた、”セリバオーレン”が満開近い、冬枯れの大地に可憐な花を咲かせる。
カメラは直ぐに収納、岩屋堂へは入らずに裏道を帰る。

このところ大砲が並ぶルリビタキの場所、今日は居ない、遠くからだったがルリビタキが見えた。
20mも離れていたがカメラを取り出して望遠してみた。

IMG_5382.jpg

彼は餌をぶら下げる設置された枝に停まっていた、今日は餌がない・・・何となく哀れに見えてしまった。
期待しての行動だろう、”餌付け”、決して良い行為だとは思わない、写真は撮れるが間違いだと思う。

この写真は遠くの外から撮ったのだが・・・歩いて自然に出会った喜びの写真とは感じが違う。

ため息をつきながらいつもの池まで歩き通した、?カモが居ない、今日も釣り人が居た。

IMG_5386.jpg

釣り人が居ない手前の陰で”ヨシガモ”が休んでいた、西日が当たって頭部のグラデーションが美しかった。

この記事を書いている間に”雪が降ってきた”、予報の雪だるまは21時、早い!
どうやら天気予報は当たりそうだ、明日の朝は車の雪下ろしがあるかもしれない、寒い!、布団に潜るのが楽しみだ。

"雛ミッド”を訪ねて

エジプトのピラミッドを捩った言葉、"雛ミッド”は「お雛めぐり」と名付けられた瀬戸市のイベントが始まった。

IMG_5273.jpg

陶磁器やガラス等などで創作された”お雛様”がピラミッドのようなひな壇に並ぶ。
特にひな壇に飾られた”ボンボリ”の位置や全体の形に注目・・・お気づきでね、””の形になっている。

”duck”と遊んだ午後

”グワッ!”と声がする・・アヒルだ、定光寺の池の淵。
ディズニーキャラのドナルドダックを真似して”鳴き返してみた。

IMG_5252.jpg

”グワッ!、グエッ!”・・・marukeiも返す、”ヒャッハ~!”、アニメの声だ。
互いに鳴き交わして穏やかなひと時を過ごした、少しお馬鹿で童心のオジサンになった。

無造作に置かれた工芸品

我が家から近い瀬戸の赤津地区、”赤津焼”が有名だ、とはいっても、志野や織部が中心だ。
赤津地区は広い、小さな工房から有名な”加藤唐三郎窯”などが林立している。

その工房が林立していない赤津地区の外れを散歩した。

IMG_5148.jpg

狭い路地の奥、無造作に置かれた工芸品の数々・・・さすが赤津の外れだ、見ているだけでも楽しい。

一歩ずつ近づく春

このところの天気予報は毎日数時間はマークが並ぶがハズレてばかりだった。

晴れマーク日の寒さは半端ないが風が穏やかでお天道様が当たる道は暖かく感じる。

IMG_5198.jpg

紅いネコヤナギの殻が弾けた、暖かい日差しを浴びて春を呼ぶ・・・一歩ずつだが春が近づいてる。

安堵の心で歩く地元道

瀬戸は坂の街だ、平地は市内中心部から名古屋へ向けての道だけ。

我が地元の品野地区もご多分にもれず坂ばかりの細道が続く。
街なかの標高は90mも無い、我が家の標高は200m、単純標高差でも100m以上である。

IMG_5215.jpg

路地に入ると当たり前に坂がある、後ろから追いついてきたオバサマ方に追い越されてしまう。
”安堵の心”でノンビリのmarukeiはヨタヨタながら気持ちよく歩いた。

何ゆえ安堵なのかは”続き”で語る。

どうすりゃ良いもんじゃろか?

朝、通所(デイサービス)から直接電話がかかってきた。
ケアマネさんから2月から週2回に変更と聞いていますが、職員が養母に確認したら先月通り3回が良いと言う。
どうなっているんですか?

行きたくない、寝ていたい、養母が言い出したことだ、通所の連絡帳にも行くたびにベットで休養と書いてある。
それだと通う必要は小、ケアマネさんと相談して週2回に変更した、その矢先のことである。

どうすりゃ良いもんじゃろか?と思いを巡らしていたら午後も2時を過ぎていた、仕方がない近場を散歩した。

IMG_5128.jpg

歩いて20分、県道沿いにある化学工場、無機質な風景が待っていた。

”だんだん誰に見つかった”

寺の境内・・・何処からか視線を感じる。

”♪どんなに上手に隠れてもキュートなお目々が見えている♪”

IMG_5104.jpg

梅の木の幹・・・愛くるしいお目々がmarukeiを見つめていた、トラツグミだ、嬉しい今冬2度めの出会いだった。

”春”を感じたくて・・・。

寒い日が緩んだ日、春を感じたくなった、やはり感じるのは花だろう。
四季の花が見られる場所は名古屋市管理の東谷フルーツパークだ、そろそろ咲くマンサクの花。

IMG_5037.jpg

期待に違わず、”紅マンサク”が開花していた、風が冷たい午後だったが、春を感じた散歩だった。

森の散策--後編

森の散策から帰って駐車場、ジョウビタキのお嬢さんと遊んでいたら大きな木に野鳥の気配。
木の名は分からないが・・たわわに木の実がぶらさがっている、野鳥が来て木の実を食べる。

IMG_4980.jpg

ルリビタキのお嬢様が食べる、遊ぶ、帰るどころでは無い、しばし大好きな野鳥撮影のひと時を楽しんだ。

森の散策--前編

雪や氷の世界だったので森の散歩を自粛していた、久しぶりに訪ねた海上の森。

IMG_5009.jpg

残雪と水のない瀬戸大正池、寒々とした世界が広がる、決して歩きやすいとは言えない道筋だったが歩きを楽しんだ。