FC2ブログ

真夏日の岩屋堂

昨日の周回ハイクの足の疲れが取れない。
でも散歩はかかせない、ほんの前日の整理運動のつもりで散歩に出かけた。

岩屋堂は涼を求める人々で賑わっていた、賑やかな家族の声が響く!
喧噪を嫌って山道に入ってしまった、結果、またまた6km近く歩いたトレーニングに
なった、でも・・・風が通り抜ける爽やかな森を歩くことができた、、、幸せ!

P1100936.jpg
 <暑さを避けて神社の境内で一休みのご婦人達>



炎天下の田圃道はいつもの道、蛙の声が響き渡る、岩屋堂手前の浄源寺に寄り道
緑が濃いので優しい木陰が多い、山門の奥でご婦人が一息ついていた。

公園の鳥原川は家族でいっぱい、皆さん川遊び、真夏の風景!
子供たちの歓声が心地よい。

P1100938.jpg

川の中の岩に遊びの成果物が置いてあった、望遠で覗いてみた。

P1100940sawa.jpg

沢蟹がたくさん!本当に夏の景色だ!
一軒開いているお店も夏模様だ。

P1100937.jpg

先日まではダンゴのノボリだけだったが”氷”のノボリ、夏ジャ夏ジャ!
緑のモミジ越にお母さんと小さな子供がお弁当中、和やかな風景におもわず微笑んだ。

P1100941.jpg

川の斜面に真っ赤で鮮やかな色、ヘビイチゴが実をつけていた、そんな季節なんだ!

P1100942.jpg

ここで帰る予定だったが何か物足りない、喧噪は嫌いではないが小鳥の囀りも聞こえない
いつもの静寂さもない、自然の雰囲気が足りない・・・これでは帰れない・・・
しぜんと東海自然歩道の山道へ入ってゆく。

少しの急坂を歩く、一気に静寂さに包まれた、木陰が心地よい、そして花も咲いていた。

P1100944.jpg

風を感じよう! 音を感じよう! 空気を感じよう!
歩くしかない、静かな山道をどんどん進む、雲興寺分岐前の園地から東大演習林境界まで歩いた。

P1100948.jpg

キビタキの囀りが近い、暫く探したが見つけられない、あきらめて園地に戻り休憩。
この園地は風の通り道、ザーと木々の揺れる音、風の音、爽やかさが心に沁みる!

P1100949.jpg
 <風の通り道、木々のザワメキと涼風に癒されたひと時>

サイドポーチに用意したお茶を飲んで自然を楽しんだ、誰も居ない静かな空間・・し、あ、わ、せ!

帰りは喧噪を避けて鉄塔巡視路を行く、急坂は前日の疲れた足に厳しかった。(やりすぎた)
自宅近くの溜池も不純物が水面一杯だ、カワセミの捕食には適さなくなってしまった。
もう見れないかもしれない。
P1100950.jpg

結局、6kmも歩いてしまった、益々、足首が痛くなった。
調子に乗りすぎのも考え物だが、これも自分、楽しければ・・・”それでいいのだ”

コメント

トラックバック