FC2ブログ

元気を運んでくれる子供たち

奥様と花散策をして帰った午後、歩き足りないのでいつもの散歩道へ。
田んぼに近づくと遠くから元気な声が聞こえる。
大きな荷物をかかえながら田圃道を歩いてくる、楽しいのが感じ取れる風景があった。

P1110991.jpg

20人くらいがバラバラに歩いてきた。

「どこから?」
(岩屋堂で水遊びしてきた!)
「楽しかった?」
(もっと遊びたかった!)

少しの会話だったが子供たちの声に元気をもらった散歩、気持ち良い!



本当に子供たちは元気だ。

P1110994.jpg

あっちに虫がいると一人が言うと走り回る、皆同じような水遊びの用具を抱えて歩く姿が微笑ましい。
子供たちとお別れして田んぼ道を歩く、暑いが直射日光がないので歩きやすい。

はずれにある水草も花や蕾をたくさんつけていた、蛙もウヨウヨ、里山らしい風景だ。

P1120001.jpg

途中の神社は今週開催される品野祇園祭にあわせて夏祭りの準備が始まっていた。

P1110995.jpg

少しコースを変えて民家脇を進む、何の事のない雑草風景が淡く感じる、緑色のやわらかさがめにとまった。

P1110996.jpg
 <緑と白の淡いコントラストに癒された>

高速道路の高架橋沿いの斜面を見ると栽培種の花の種が飛んできたのか
ひときわ目につく色合いで花が咲いていた、このまま増えれば花畑の素敵な斜面になりそうだ。

P1120004.jpg

P1110989.jpg

アガパンサス

岩屋堂入口には多くの車が駐車している、大賑わいだろうから寄らずに帰ることにした。
仕出し屋さんの庭に可愛いい置物が置いてあった。

P1120007.jpg

庭仕事姿の”蛙の夫婦”なぜかホノボノ感を強く感じた・・・やっぱり”蛙ろう”

帰路の途中の栗の木に寄り道、今年は生り年かも、栗の実が大きくなっていた。
秋の実りが着々と準備されている、自然の営みは季節そのもの。

P1120008.jpg

毎日のように歩くしか脳のないmarukeiだが、好きなことができる時間をもらっている。
ストレスの無い健康的に過ごせる環境に感謝しなければならない。

出会った子供たちのように元気に素直に過ごせるように歩き続けよう!

コメント

トラックバック