FC2ブログ

畦道のキュウリグサ

養母の今年一年の介護計画、ケアマネさんと通所の担当者との懇談の日。
体調も行動も変わりないので昨年の計画を踏襲することにした、今後は2年に一回となるそうだ。

懇談後は現在住んでいる老人専用住宅の契約更新、新たに条項が加わったが2年間の契約終了。
帰宅したら午後2時を過ぎていた、それでも日常の散歩は欠かせない、いつもの畦道に出かけた。

IMG_6148.jpg

鳥原の里の土手にようやく”キュウリグサ”が咲き出した、いつ咲くか心待ちしていたキュウリグサ
相変わらずの小さな野草、撮るのに苦労するが、愛くるしく撮りたいので膝を突いたりしながら撮った。



「♪・・春は名のみの風の寒さや・・♪」、早春賦の歌のような天候だった。

IMG_6145.jpg

田お越しの終わった田んぼも寒そうだが、野草は春を告げている。

IMG_6147.jpg

ポツンと一輪のカラスノエンドウ、隣にやはり一株のキュウリグサが咲いていた。

IMG_6150.jpg

ノジスミレもあちらこちらに咲き出した、春の野草に覆われる畦道になるのも遠くは無いと感じた。

寒いので急いで歩く、姿勢を矯正している、猫背にならぬようにしているせいか、歩くスピードが速くなってきた。

IMG_6152.jpg

寺の境内、冬がれたアジサイのドライフラワーの後ろにヒュウガミズキが黄色の星をちりばめる。
早春の特別な景色だ、彩が美しくなる季節、アジサイの新芽が出るころには初夏がやってくる。

IMG_6154.jpg

”ヒマラヤユキノシタ”、ヒマラヤ山脈が原産地、今では栽培種、育てるのが優しいと聞いたことがある。

marukeiの腰より低い桜の木があった。

IMG_6155.jpg

河津桜の幼木だった、植えられてそう長い時期は経っていない、それでも可憐な花をつけていた。

名古屋では昨日ソメイヨシノの開花宣言が出た、marukei地方は愛知県の最北地に近い、名古屋から
一週間は遅れて桜が咲く、岩屋堂の開花は4月の第一週以降になりそうだ、楽しみは後が良い。

養母も元気、marukeiの腕と肩も少しだが改善しつつある、3月は鬼門月(自身の転落事故、妻と次男の骨折)など等。

早く4月になぁ~れ!!

コメント