FC2ブログ

鷺草を訪ねて (土岐、陶史の森へ)

金曜日の二日酔いのため、土曜日は一日中ゴロゴロして過ごした。
日曜の朝、奥様の一言にショックを受けた。

”頬の肉が垂れてきたヨ”ガーン、体重が1kg増量していた、まともに歩けていないのと
それ以上のカロリー取り込みが原因なのだ、日曜は珍しく時間の制限が無し、それでは
歩きとそろそろ咲きだすサギソウ見物にでかけた。

P1120321.jpg
 <尾根の東屋から夏空と霞む山並み緑の台地遠望>

10時過ぎに出発、国道の温度計は早32度、炎天下のハイクとなりそうだ。
途中のコンビニでお茶とデザートを購入、ザックは相方さんにお任せの気楽なハイクだ。



10時30分前に到着、第二駐車場も9割埋まっていた、皆バーベキューの人達の車だ。
焼肉の匂いが漂う駐車場・・・

P1120279.jpg

横をすり抜けて一番目の湿地へ行く、湿地は緑の草だけ、サギソウの株すら見つけられない。
この湿地はまじかでサギソウが見られる場所だが、どうしたことか?

あきらめて池に向かう、ほとりで水鳥が休息中、暑そうだ!

P1120280.jpg

ほどなく2番目の湿地に到着、しかし、ここも花が無い、小さな小さなハッチョウトンボが遊んでいる。
我がコンデジでピントを合わせるのが大変なくらいの小さくて愛らしいトンボだ。

P1120285.jpg

本日のサギソウはダメかも・・・三番目の湿地の木道から下を見ると白い花が数輪!
サギソウだった、嬉しい!

P1120290.jpg

一年ぶりの再会、相も変わらず愛らしい姿、まだ数株しか咲いていない、これからなのか?
満足して池に向かった。

P1120293.jpg

直射日光は暑いが風は爽やか、池にそそぐ川の上流の草むらにもサギソウが咲いていた。
池の周りを歩く、ヒナから成長した子供たちと渡りの準備に忙しいツバメの一家が群れ遊ぶ。

P1120299.jpg

第一駐車場まで戻って小動物公園から志野の道へ向かった。
本日はこの道から舗装道路経由で天目の尾根道から戻る周回ハイキングの予定。
公園は子供連れやピクニックパラソルで涼を楽しむ人たちで賑やかだ。

P1120300.jpg

公園の終端から森へ入った、カキランは種を抱えていた、来年もたくさん花が見れそうだ。
斜面の湿地に淡い紫の花が咲いている、ミズキボウシだ、数は少ないが楽しませてくれた。

P1120303.jpg

暫く炎天下の森の道を風便りに歩く、沢が近づくと木陰の道となってホットする。
相方さんは木陰目指して歩が早くなる。

P1120309.jpg

見えなくなった相方さんが誰かと話していた、花目当てか?と訪ねられたらしい。
ペンタックスのカメラを持ったオジサンが居た、この先にトンボソウの良い株があると教えてくれた。

湿っぽい路傍はシダや雑草の宝庫、まぎれてノギランも咲いている。

P1120307.jpg

キョロキョロしながら先へ進むとオジサンご推薦のトンボソウが咲いていた。

P1120311gtr.jpg
 <オオバノトンボソウ>

本日の花めぐりはこの森の道でほぼ終了、暑い熱い舗装道路へ出て尾根を目指す。
尾根はツツジと山桜の道なので花は期待できない、が、東屋の展望地がある、腹が減ってきた。

P1120314.jpg

先に見える登る道まで長い、アスファルトが陽炎で揺れる、そして濡れて見える。

P1120317.jpg

ガードレールの脇にヒヨドリクサの蕾、これを求めてアサギマダラがやってくるかも?
やっと尾根に上がる道へたどり着いた。

P1120318.jpg

天日ざらしの尾根道を東屋に向かう、山桜に可愛いサクランボがたわわに結実、青空に映える!

P1120319.jpg

東屋でお茶とデザートで休憩、吹き渡る風が優しい、12時を過ぎていたので名残惜しいが戻る。
ヒグラシ蝉が”ギギッ”と鳴く・・・本日夕方、カナカナと鳴いたら命尽きるのか・・・なぜかはかない。

P1120312.jpg

車の中は目玉焼きができるほどの熱さ!シートベルトの金具はアッチッチ状態。
エアコンフルでアイドリング、恐ろしいほどの暑さが続いている。

国道19号経由、途中、久しぶりに吉野家で昼食、牛丼は安くて早くて美味かった!

コメント

トラックバック