FC2ブログ

「ポントクダテ」と「ヤマジノホトトギス」

”苔との戦い”を第三弾、第四弾、庭全体の苔を取り払った、4週間の戦いで疲れはピーク。
そして第5弾、苔の胞子で北側と東側の我が家の外壁が部分部分で”緑に染まっていた”、これが最後の戦いだ。

ブラシとバケツ、カビ取り剤で”ゴシゴシゴシゴシゴシ・・・”、腕も腰も疲れ果てた午前中。

散歩の体力はかろうじて残っていそうだ、歩く距離の短い森に野草を愛でに出かけた。

IMG_1697.jpg

超大好きな野草の「ポントクダテ」が咲き始めた、肉眼ではわからない愛らしい花を咲かせていた。

IMG_1705.jpg

「ヤマジノホトトギス」も咲いていた、”まだかまだか”と待ちわびていた”森のベストドレッサー”、ようやく咲き出した。



歩く距離も短く、目的の野草も期待できる・・・そんな森も近くにある。

路肩に駐車してトボトボと歩き始めた。
300mくらい進んで路傍を見ると小さな花を咲かせている野草を見つけた、最初はミズヒキかと思った。

IMG_1704.jpg

ズームしてみたら”ポントクダテ”だった予想していなかったので嬉しい出来事だ。

IMG_1717.jpg

可愛い・・・・・、苔との戦いの疲れがやわらいだ。

IMG_1700.jpg

ネムの花が咲き残っていた森の奥。

IMG_1698.jpg

ヒヨドリグサに遊ぶダイミョウセセリ、森の散歩は心も和む。

IMG_1715.jpg

アキノタムラソウとイチモンジセセリ。

IMG_1695.jpg

離れた場所でもイチモンジセセリが翅を広げて休んでいた、森の最奥部、ヤマジノホトトギスが咲く場所に到着。
見当たらない・・・必死に探した。

IMG_1708.jpg

枯れ木の間にポツントと一株、大いに喜んだmarukei、そして離れた場所にもう一株。

IMG_1710.jpg

全部で2株、例年なら10以上は咲く地、これからだろうか?、期待したい。

戻り道で探したのは

コバノカモメヅル

コバノカモネヅル、ようやく写せた、SHDCカード破壊から2ケ月、カバー終了だ、ヨタヨタと車に戻った。
もう一種類の野草を写しに移動した。

IMG_1718.jpg

”アレチケツメイ”、帰化植物だが大切で貴重な蝶を復活させた、”ツマグロキチョウ”の食べ物となる。

大満足の1時間少々の森の散歩だった。

苔との戦いの結果はmarukeiの敗北だろう、理由は数日経つと土の表面が苔色になって行く。
3cm剥がして除去したが、苔の胞子はその下の土に残っているのだった。

5cm以上剥がして、土を全面入れ替えしないといけない、それでも隣近所から胞子が飛べば一緒だ。
毎日見回って胞子が浮き出た場所を手入れするしかなさそうだ、これからは”苔との付き合い”になりそうだ。

コメント