ピント合わせの散歩 ー 後編(野草、雑草)

風に揺れる花は撮りにくいが、動かない花はピント合わせには最適だ。
”老眼ボケ”を意識して里を撮り歩く。

IMG_2125.jpg

♪薄紅の秋桜が秋の・・・・、さだまさしの曲、歌い手は山口百恵、好きな曲だ。

ピンボケは目だけで良い、頭がボケ無いよう頑張らねば!!!


里は秋の季節の花が咲く。

IMG_2114.jpg

水辺に咲く曼珠沙華。

IMG_2117.jpg

もうお彼岸だ、映える紅、何ゆえか仏様を連想させる。

IMG_2123.jpg

ツルボも露出を落として撮ったら綺麗だった。

寺の境内へ、涼しいのでお茶休憩、これが楽しみな境内の休憩。

IMG_2139.jpg

極小花のミズヒキに挑戦、蚊のほうが大きい、出来栄えは普通だ。

IMG_2138.jpg

ヤブランも元気だ。

IMG_2135.jpg

シュウカイドウも数多く群れ咲く境内、離れがたいが岩屋堂の無料駐車場にツリガネニンジンを見に行く。

IMG_2147.jpg

白花ツリガネニンジン、雨粒を支えられなくて倒れかけていた、水滴に合わせてみた。

裏道から帰る、被写体は少なくなった。

IMG_2164.jpg

ママコノシリヌグイも数が多い、小さいが開いた花は美しい。

IMG_2160.jpg

ネコジャラシを後ろピントで草の毛を強調してみた、”フムム・・・良く撮れた”

総じてピント合わせの撮影散歩は上手く出来たほうだ、チョッピリだが満足した。

ノミの心臓のmarukei、この頃眠れない夜が多い、ネコジャラシのように強くなりたい。

コメント