”雨、雨、雨”、それでも歩く

止む時間のほうが少ない、生業である散歩、少々の雨でも休むわけにも行かない。
従って傘をさして長靴の散歩は出来るだけ行う、しかし実態は厳しい。

IMG_2728.jpg

カメラを出したり仕舞ったり、それでも外の空気は新鮮だ、雨粒を恨むことなく濡れながらも自然を楽しむ。


岩屋堂の沢筋に咲く秋の野草、昨年は愛でることが出来なかった、1株の野草が無くなった。
今年は小さいながら蕾を確認していた、そろそろ咲く頃か。

雨の中、林道を歩いて沢筋に向かった。

サラシナ

小さいながら咲いていた”サラシナショウマ”、嬉しいと言う言葉では表せないほど感激した。
大きくなぁ~れ・・・と、祈らずにはいられない。

IMG_2859.jpg

もっと嬉しいことは隣に小さな1株が蕾を付けていた、増えろ増えろサラシナショウマ。

雨は強くなったり弱くなったり、長くはいられない、帰り道はいつもの池に立ち寄る。

IMG_2731.jpg

咲き残っていたアレチハナガサ、色のない世界に明るい姿で慰めてくれた。

傘をさしていても濡れる身体、自宅近く、民家の花畑。

IMG_2737.jpg

雨にも負けず吸蜜するホシホウジャク、生きる営みは雨にはかかわらない。
先々まで雨天の予報・・・歩かなければネタも無し、憂鬱な毎日が続きそうだ。

コメント