FC2ブログ

”落ちた・・・”、脚力と体力

この季節、落ちるのは冬に備える葉っぱだけで良い。
例年歩きまわっていた森の道・・・足が辛い、息が上がる、”どうしたもんじゃらな”の心境だ。

IMG_3946.jpg

帰り道、落ちて尚輝く落葉、落ちた体力が輝かないmarukei・・・”ハァ~!”、ため息を出しながら眺めていた。



体重も増えてきた、紅葉の見頃も終わったので体力をつけるために長く歩こうと思って出かけた。
いつもの畦道から岩屋堂へ、雲興寺に向かう東海自然歩道を歩いて分岐にある園地まで7.5kmの計画だ。

IMG_3938.jpg

色のない畦道に輝く黄色は”キムジロ”だ季節外れの野草を愛でれば心も身体も快調だ。

IMG_3937.jpg

岩屋堂から救急車だ、何が起きた?
(後で聞いたら瀬戸大滝で転倒者、頭から出血して大事をとって運ばれたらしい)

marukeiも岩屋堂へ到着、公園でオジサンがオカリナを吹いていた、楽譜も立てて観客はお仲間二人。

IMG_3941.jpg

2~3曲なら我慢して聴けるが延々と吹き続ける、公共の場所なので静かに居たい人もいるだろう。
遠く離れた自然歩道を歩いているときも吹き続ける音が聴こえていて煩わしかった。

IMG_3940.jpg

自然歩道へ入って直ぐに長い暫く登り・・・”うっ!”、足が出ない、息が上がる、まだ200mしか登っていない。
ムラサキシキブを見つけて撮影口実に早くも休憩、止めようか?、心も折れかけたが頑張る。

園地まで1km以上ある、何回も止めようと思いながら少しずつ歩を進めた。

IMG_3942.jpg

ようやく園地のベンチが見えた、倒れ込むように座ってお茶を飲む、うなだれて休んだ。
昨年も自宅から歩いて雲興寺から周回した道、平気の平左だったのに・・・一気に落ちた体力。

帰りはトボトボ、歩かなければ帰れない・・・ただただ足を前に出すだけだ、トイレに行きたくなった。

IMG_3943.jpg

歩道出口近くのトイレは古すぎて何となく嫌な感じだ、お国のお役所さん、なんとかしてチョ!
ここには入らずに岩屋堂のトイレを使用した。

IMG_3945.jpg

四季桜の下で休憩した、自宅まで後1、5kmくらいか、何とか歩き続けよう。

IMG_3947.jpg

嫌な登りを頑張り終えると容赦ない西日の舗装道路が待っている、”キツイ”、後1km弱だ。

いつもの池に到着、またまた休憩。

IMG_3948.jpg

可愛いアオジを見たら元気が出てきた。

IMG_3951.jpg

ノンビリと遊ぶカモたちに別れを告げたら最後の頑張り・・・ヘトヘト、ヨロヨロで戻った。

7、5km、標高差もたったの230m・・・こんな状態で登山なんてのは夢物語になってしまう。
”どうしたモンジャラ”だ、精神的にショック状態のmarukei・・・ビールを飲んだら元気が出た、単純な男だ。

コメント