FC2ブログ

冬のカワラナデシコ

体調を整える為に大自然に出かけた、そして随分改善中だったが、とあるきっかけで元に戻りそうだと連絡があった。
先日帰ってきた次男も暴走自転車による被害で少々のケガをした、”お祓いしなくちゃ”と真顔で言う。

ならば、岩屋堂の薬師様にご加護をお願いしようと思って散歩した。

IMG_4041.jpg

立ち寄った寺の境内の片隅に咲いていたカワラナデシコ、時ならぬ花に感動、隣は紅葉のモミジ
自然界は不思議だ、季節感は狂うけれどあるがままに受け入れる、散歩はそんな世界を見せてくれる。



このところの歩き方矯正、この日も目的は薬師様お参り、いつもの畦道はウォーキングでやり過ごす。

IMG_4034.jpg

お寺の手前、畑の片隅に咲いていたのはノジズミレ、全く季節感が無い、春の野草も狂い咲く。

IMG_4035.jpg

四季桜は満開、桜の花は人の心を華々しくしてくれる、何となく気分は良い。

東海環状自動車道の真下は日当たりが悪い、例年最後の紅葉所だ。

IMG_4039.jpg

毎年だがこの一本のモミジが最後の紅葉、この木が落葉すると本格的な冬到来だ。

お寺の境内に立ち寄った。

IMG_4040.jpg

咲き誇っていた皇帝ダリアも終盤、枯れかけた花と咲き始めた花が入り交じる、花の生命は儚い。

ふと境内の奥に目がとまる、ピンクの花が咲いていた・・・まさか。

IMG_4042.jpg

目で見た通りの花、カワラナデシコだった、12月に咲く花では無い、嬉しいやら何のやら、不思議な思いだった。

さて、この日の目的は薬師様参拝、子供達や妻の健康をお願いしなければ散歩の目的は達成出来ない。

IMG_4044.jpg

岩屋堂の名称の姿、岩の祠の奥に祀られている薬師様、浄財を入れて健康のご加護をお願いした。

IMG_4045.jpg

紅葉の季節も終わった、あれだけ賑わっていた公園、訪れる人もまばらだ、奥に歩いてマルバの木の場所へ

IMG_4050.jpg

咲き残っていたマルバの木の花、この場所へ来る人は皆無だ、しばし静けさを楽しんだ。
目的が終われば散歩は終了、ウォーキングでいつもの池まで歩き通した。

IMG_4052.jpg

珍しや、浮かんでいる姿しか見たことが無いヨシガモ、古タイヤの上で毛づくろい、西日が気持ち良いのだろう。

現役を終えて5年以上経過、当時のピリピリ感は皆無、それより愛する家族の事だけが生きがいになった。
家族はmarukeiの身体と心と一心同体、生きれる限り愛し続けるだろう。

コメント