FC2ブログ

オシドリ見ゆ

期待半分で出かけた自宅からの近場、遠目で見たら居なかったが・・・。

IMG_4078.jpg

居ました”オシドリ”、まるで玩具のような美しさ、雄もはもちろん綺麗だが雌の可愛らしさは抜群だ。
来て良かった、超々嬉しい出来事だった。



昨年出会った池、普段は水鳥も居ない池だが、昨年12月の中旬に出かけたらオシドリに出会った。
1月には居なくなった、そろそろ遊びに来ているかもしれない、期待半分で出かけた。

自宅から歩いて30分もかからないが名うてのダンプ道、危ないので車で出かけた、池まで車は入れない。
5分運転して空き地に止めて歩きだす、10分もかからずに到着、静かに池に降りた。

IMG_4082.jpg

池の奥には見えない・・・しかし、足音に反応して手前から水鳥が逃げて行く・・・オシドリだ!、たくさん居る。

IMG_4073.jpg

キャッホウ!、玩具のように美しい雄。

IMG_4072.jpg

雌も可愛い、何十枚も写した、暫く見とれていたが少しは歩きたい。

IMG_4087.jpg

ここは瀬戸市の児童専用キャンプ場、日時計が午後2時過ぎを表す、時間は十分、森の奥に歩いた。

何もないので引き返した、歩きは十分満足、もう一度池に寄り道。

IMG_4088.jpg

雰囲気の良い橋を歩いて対岸のベンチへ、腰を下ろしてオシドリを眺めた。

IMG_4089.jpg

雌を望遠、目は愛くるしい、羽のブルーも美しい。

IMG_4090.jpg

雄を望遠、”オシドリ夫婦”は仲良し夫婦の代名詞、しかし、実際は浮気性の雄、相手を変えるのはお手の物らしい。

そんなことを考えながら水面を見つめていたら・・・得体の知れない生き物が泳いで近づいてきた。

IMG_4092.jpg

”ン!”、何だろう、益々と近づいて横切った。

IMG_4093.jpg

ヌートリアだった、どんどんとオシドリに近づく、オシドリは羽音を立てて逃げてしまった、”メッ!”

そろそろ帰ろう、歩いて車へ、そして帰り道なのでいつもの池に車を停めた。

IMG_4095.jpg

マガモとオウバンが西日に照らされる。

hosihajiro.jpg

この池では珍しいホシハジロのつがいも居た、やはり後ろの雌の目が愛くるしい。

IMG_4103.jpg

それぞれにくつろぐカモ達、平和な時を一緒に楽しんだ、この日は水鳥の日になった。

近場でオシドリと出会える地に住むmarukei、生命響き合う自然は何にも変えがたいと改めて思った。

コメント