FC2ブログ

時代は変わる

陛下がご退位されるというニュースが流れていることは周知の事実だ。
平成も31年で時代は変わる、どんな元号になるか興味深々だ。

marukeiは昭和のはじめ、二つの時代を生きてきた、身体が元気なら三つ目の時代を生きられる・・・。
そんなことを考えていたら昭和の香りを嗅ぎたくなった、スーパーへ買い物の帰り、昭和の香りの道を歩いた。

IMG_4119.jpg

早くも水仙の花が咲いていた、季節は時代と何らの関わりは無い、自然とはそういうものかもしれない。



瀬戸の奥は昭和の香りが色濃く残る、午前中に買い物したが買い忘れがあった、喜んでスーパーまで歩いた。
帰り道は昭和の香りがする細道を意識的に歩いた。

IMG_4115.jpg

窯の煙突は新しいが建物は昭和だ、廃業して数年経つが寂れた昭和の香りが漂う。

IMG_4116.jpg

古タイヤでこしらえた階段を登って更なる香りを探した。

IMG_4117.jpg IMG_4118.jpg

小さな工房のギャラリーに昭和の香りが展示されていた、ガラス越しなのでピンボケだった。
懐かし”墨のアイロン”、”6つ玉ソロバン”、marukeiが小さい時に当たり前に見ていた光景があった。

路地を抜けて帰りにつく、途中の椿園に寄り道した。

IMG_4107.jpg

椿の花が咲き始めていた、表札には難しい椿の名前が書いてある、覚えきれない。

IMG_4111.jpg

白い椿、名前は・・・覚えていない。

IMG_4105.jpg

淡い色の椿・・・都はるみが歌っていた、”3日遅れの便りを乗せて♪”、そんな歌を思い出した。

IMG_4106.jpg

赤い椿・・・そう言えば我が養母は今でもかたくなに”椿油”をご所望、”大島椿油”を届けている。
御歳95歳、来年は96歳、”大正”、”昭和”、”平成”・・・97歳になる前に四時代目に突入する。

是非にもそうなって欲しいと思うが・・・苦しまずに阿弥陀様のお迎えも悪くは無い、そんなお歳なのだ。

IMG_4114.jpg

椿園に似合うのは”メジロ”、上手に密を吸う、群なして飛び交っていた。

時代は否応なしに変わるが人の心と自然は簡単には変わるはずもない、家族の安寧を願いながら
新しい元号の世の中に入り込めるように元気でいたいものだ。

コメント