FC2ブログ

カシラダカのお嬢様

気が向いて瀬戸の奥、上品野に近い中洞の山裾まで歩いた。
marukeiの足音にびっくりして野鳥が飛び出した、可愛いお嬢様だった。

IMG_4149.jpg

最初はミヤマホオジロの雌かと思ったが帰って詳しく調べたら、カシラダカのお嬢様だった。
カシラダカは数多く山から降りてきているが出会うことは少ない、何故ならば草薮から出ることが少ないからだ。

運がよいのだろう、予定のない場所まで長い距離を歩いたご褒美だった。



この日は妻のジムの日、午前中はお留守番、そして妻の軽い昼食も作る、次男のおみやげの
半生の蕎麦を茹でて半分こ、しかし量が少なかった、合わせて食べた菓子パンも小さくてお腹の足しにならない。

歩いてコンビニで大好きなチキンを買えば帰ってからの楽しみもある、コンビニを目指した。
直接は距離が短すぎる、川沿いを周回してから向かうことにして井山の里経由で歩いた。

IMG_4138.jpg

左折すれば予定の周回コース、奥の山裾が呼んでいた、疲れもないので右奥の山裾を目指した。

IMG_4137.jpg

途中の工房の白壁に登板画が埋め込まれていた、先日撮ったオシドリの絵があった、仲睦まじく書いてあった。
絵も雄が中心だ、連れ添いの雌が目立たないが月を見て優しく可愛らしく描かれていた。

結構距離がある、バス停二つ目を右折、鉄塔163号を目指した。

IMG_4141.jpg

鉄塔を正面に見て躊躇、この先は急坂だ、ここは岩巣山へ続く巡視路の起点、数年前に苦労した場所だ。
バリエーションルートになるが荒れかたが半端ない、疲れ果てた記憶がよみがえる。

何となく歩いていたら草薮から野鳥が飛び出した、低木に移動して”チリッチリッ”と鳴く。

IMG_4145.jpg

優しく愛くるしい目、カシラダカのお嬢様、ひょっとして初めての出会いかもしれない、雄しか出会って居ないかも?

嬉しくなって前に進んだ、急坂を喘ぎながら登ると東海環状道路の真下にでる。

IMG_4150.jpg

鉄塔までかもしれないが中途半端に草刈りがされていた、品野インターに極めて近い場所だ、少し歩いた
中途半端な草刈りノイバラの枝が3本絡んだ、”痛い!”、棘が足首や腿に刺さった、手で抜いて引き返した。

帰ろう!

IMG_4151.jpg

山裾から国道までは小さな製陶所が軒を連ねる、奥瀬戸の現風景だ、国道に出たらそのまま歩いて
コンビニを目指した、”中洞”、”上品野口、”中品野”、郊外のバス停留所の間隔は長い・・・。

IMG_4152.jpg

この寒さの中、路傍に咲いていたニワザクラに癒やされた、黙々と歩き続けた。

IMG_4154.jpg

ようやくコンビニが見えてきた、発展する余地も無い中品野地区、商店も店を閉じて長い時間が経っている。

”チキン!一枚、ジャンボフランク一本”、ポシェットに収納したら残り1km強、早く食べたいので17分で自宅に戻った。

妻が迎えてくれた、チキンを分けていただいた、フランクは夕食のツマミだ。

結局7km以上歩いた、散歩では無くなったがご褒美もあり、元気だった4年前の出来事等、過去の記憶も蘇った。
ゆっくりならまだ歩ける、寒い日だが歩き始めると身体が温まる、歩く事は素晴らし事だ!

コメント