FC2ブログ

雪山遠望

好天気!
水蒸気も少ない、冬のシーイングの良い日、高い山の雪山が無性に見たくなった。

IMG_4155.jpg

見事な裾野を広げる”御嶽山”、美しい!、文句のつけようのない雪山の景色に心が弾む、しかし寒さは半端なかった。



多治見市笠原町、標高480mの展望台は遮るものはない、それも車で行ける地。
駐車場から展望台まで弾んだ心で向かった、階段で膝を痛めたが景色が見たい、撮りたい・・・。

最初に見たい山は御嶽山。

IMG_4156.jpg

10月の中旬、長男が三ノ池経由、継子岳から五ノ池小屋に宿泊、帰りはニノ池経由・・荒れ果てていたという。
いまだ5人が眠る山、厳しい現実だ。

IMG_4157.jpg

更に望遠、1200mm相当、岐阜側からは傾斜の鋭い山肌だ、ヘリが飛ぶ、噴火口から煙がたなびく。

もっと西に目を向ける、期待の白山だ。

IMG_4159.jpg

残念・・・北陸地方は荒れた天気予報、山頂部分は雪雲に隠れていた、左淵の銚子ヶ峰は見えていた。
2008年に登った時は5月末、雪山だった、流石に北陸は雪は当たり前だろう。

IMG_4160.jpg

距離が近い中央アルプスは全山視界に入る、長さ100kmの雪の衝立だ。

IMG_4161.jpg

またまた望遠、左から木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳、三の沢岳と続くメインの稜線、夏は美しいお花畑の稜線だ。
何度歩いても飽きることのない3000m弱の高山・・・懐かしい!

北東に目を移す、一番近い山は恵那山。

IMG_4162.jpg

妻の生まれた地の隣、義父が眠るお墓から雄大に見える山、大きくてたおやかに見えるが登ればキツイ。

IMG_4163.jpg

恵那山から続く稜線、左は恩田大川入山、登山道は無い、冬か残雪期だけの山だ、右は大川入山
2000m近く、登り外のある山だ、アララギ側と治部坂側から妻と登った、登りがいのある山だった。

IMG_4164.jpg

そして我が夫婦の愛する山、蛇峠山が大船山の風力発電の後ろに見えていた、雪がある、スノウシューの山になった。

IMG_4165.jpg

南東側は三河湾、キラキラと光る海が見える、行きたいな海、行けない海、決断だけだが?

この間10分も無い、北風が恐ろしく冷たい、冬用の手袋も役に立たない、毛つきの帽子も役に立たない
耐えられない寒さだった、退散するしか無い、残念だが展望台から降りた、帰りに薬草園に寄り道。

IMG_4166.jpg

小さな池は氷結、寒い!

IMG_4167.jpg

絶滅危惧種のシデコブシが冬芽をつける、春が来れば淡いピンクの花を咲かせる・・・まだまだ遠い。

歩くのは止め、温かい家が良い、山を降って近くの激安店へ、正解!
生のバチマグロの中トロが超激安だった、迷いなく購入、こんばんは温かい部屋で刺し身で日本酒だ。

ルンルンで帰った、雪山・・・見るだけなら最高だ!

コメント