FC2ブログ

ようやく撮れた”ルリビタキ君”

冬鳥・・・野鳥が大好きな人々が撮りたくなる野鳥の代表格はルリビタキの雄だ。
海上の森や岩屋堂等で何度も視認していたが撮ることは出来なかった、この日は鳥運が良かった。

IMG_4199.jpg

極めて近い距離で撮ることが出来た、美しく、そして愛らしいルリビタキ君、最高の散歩日和になった。


寒さは厳しいが風が弱い、こんな日は畦道経由の何時もの散歩道が待っている。

IMG_4174.jpg

遠景も冬枯れだ、落葉した木々が寒そうに映る、撮るもの無いので空を見上げながら歩いた。

f15.jpg

凄まじく大きな爆音、何だろう・・・F15戦闘機が轟音とともに東の空に消えて行く。

IMG_4173.jpg

鳩も群れなして畦の田んぼの上を旋回して行く、しばし上空を眺めて立ち止まる。

輸送ヘリ

西から大きなローター音を轟かせて輸送ヘリが飛んできた、岐阜基地の訓練なんだろうか。

野鳥も飛んできて田んぼの標識に停まる。

IMG_4171.jpg

里の冬の王者、百舌鳥だった、田んぼの中の餌を探す、この日は飛ぶ物に運がありそうだ。
寒いので歩みを早めて畦道を抜けた、先日鳴き声を聴いた岩屋堂の入口の手前、ルリビタキはどうだろう?

寺の境内経由にした、お墓の手前で目の前を横切る野鳥、間違いの無いルリビタキ、暫し動かずに待った。

IMG_4186.jpg

藪から出て柑橘類の木に休んだ、興奮の雄だった、待ち焦がれて居た”瑠璃色の君”

IMG_4209.jpg

地面に降りたり戻ったり・・・marukeiも静かに移動、首を傾げて可愛い仕草。

IMG_4203.jpg

彼の移動に合わせてmarukeiも移動・・・ピントが合わないので焦りながら撮り続ける、彼は行ったり来たり。

IMG_4205.jpg

ようやく全体が撮れた、成鳥の雄、綺麗な瑠璃色、そして黄色の毛、待ち焦がれた冬の野鳥に興奮した。

十分に写して楽しんだ、”ありがとう”と声をかけてその場を去った、彼はそのまま境内を移動していた。
岩屋堂渓谷の上部まで歩いて戻った、そして薬師様の祠の前で頭を下げて家族へのご加護を感謝した。

IMG_4213.jpg

ムラサキシキブの実を啄むメジロを愛しんだらこの日の撮影は終了、カメラを収納して冷えた身体を温める為に歩く。
歩いて歩いて温める・・・自宅へ戻って画像を見たい、素敵な野鳥に出会った日は心も弾む、寒さを忘れていた。

コメント