FC2ブログ

年寄りの”自尊心?”

今日は雨降り、横殴りなので散歩もできない、養母用の補聴器の電池と足りない野菜を買いに出かけた。

IMG_4763.jpg

買い物帰り・・・標高200mの”いつもの池付近”、濃い霧、10m先も見えない、午後3時を過ぎていた。

昨日、養母の所へお世話に、直ぐに職員に呼び止められた、脈が140・・・不整脈の症状だ
朝食後に薬を飲むので大丈夫と話した、今度はケアマネさんが来て真剣な顔で話す。

通所で1W前から下血の症状、住居の職員さんに連絡して家族に知らせると行ったら・・”ダメ!”
内緒で知らせてくれた、部屋に行って通所の連絡帳、書いてあった、それと熱と口の中の湿疹。
風邪の症状だ、インフル検査も必要なので医者へ・・インフルはOK、下血は様子を見て総合病院へとなった。

今朝になって通所に行くべきか連絡があった、看護師もいるので行って貰った、それから何も無しで午後になった。

IMG_4764.jpg

いつもの池も濃霧で見通しが利かない、”ボーット”幽霊のように見えるアオサギ、何やら良くない予感。
自宅に戻って直ぐに通所から連絡、熱が38,6度、昨日貰った薬は持っていかなかった。

すぐに迎えに行って住居で薬を飲ませた、職員さんに世話をお願いした、熱が下がれば良いが・・・。

下血の事実を職員に知られるのが恥ずかしい、そんな理由で”言うな”と言ったみたいだ、情けない。
もうすぐ96歳、自尊心だけは衰えない・・・意思疎通が出来ないので”きつく叱った”

何が起きても不思議ではない年齢、家族とのコミニュケーションも取れない、”自尊心”を捨てて欲しいと願う。
今晩、熱の計測と状態確認をしに行かなきゃならない、”下がれ熱!”
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

コメント