標高400mの溜池

静かな場所を歩きたい、昨年の春に5歳の男の子に”おにぎりさん”と呼ばれた場所へ。
往復2,5kmの林道を行く、目的地は標高400mを越す場所にある大洞池という溜池だ。

IMG_4675.jpg

冬空と白い雲が映る水面を見ながら池を一周、静かな世界だった。


雪山の遠望が見たい、多治見市笠原にある”潮見の森”に出かけた。
まずは歩く、池まで1k少し、往きは降り一辺倒、野鳥の声も聞こえない、渡る風の音だけの世界だ。

IMG_4667.jpg

池に到着、溶けない雪とパリパリの氷の世界だった、池を一周した。

IMG_4665.jpg

キンクロハジロが3羽、marukeiに追い立てられるように歩く方向の反対側に移動する、”ゴメン”。

帰りは登り一辺倒、努めてゆっくりと歩いて山頂公園に戻った、展望台へ登る。

IMG_4658.jpg

標高の高い山は雲があって見えない、御岳も白山も中央も・・・少し残念。
西濃の山を遠望、ブロ友さんの”ラベンダーの風便りさん”が住む池田山方面、山々の先に白い峰が続く。

IMG_4659.jpg

山座同定は出来ないが奥揖斐の山、雪深い、南西方面の展望は良い。

IMG_4660.jpg

伊吹山も雪深い、この山で日本海から来る雪雲はここで雪を降ろす。

IMG_4662.jpg

南に転ずれば我が裏山越に見えた伊勢湾、伊勢の山も霞んで見える、いつまでも眺めて居たいが”寒い!”
展望台を降りて車へ戻った、木々の間から雪山が見えた。

IMG_4675aw.jpg

笠置山の後ろ、妻の在所だった岐阜県中津川、林道の線が見えるので、たぶん高時山方面だろう。
途中まで車、腹をスリながら止めて歩いてようやく登った山だ、思いでが蘇る。

戻る途中で薬草園に立ち寄る、周囲をグルリと一周、歩くと気持ち良い。

IMG_4677.jpg

ザクザクと音をたてて壊れる霜柱・・・喜んでそんな場所を選んで歩く、まるで子供と同様なmarukei。

IMG_4676.jpg

水芭蕉が新しい葉を伸ばしていた、2月の末には花が見られそうだ。

IMG_4678.jpg

渋柿が残っていた、目にも鮮やかだ・・・が、野鳥が来ても食べない、野鳥も渋柿は嫌いなんだ。

車に戻って笠原町にある激安店で”お刺身購入”、満足して帰りについた。

*養母の熱は下がった、元気も出てきた、尺度は悪口、良かった、明日は連れてきて我が家でお風呂にしよう”

コメント