嬉しい訪問

netも○HKも朝九時から夜まで雪予報、しかし、降雪は無し、季節風だけは強い。
こんな日は歩きに専念、いつもの散歩道をカメラも出さずに歩き続ける、30分も歩くと身体が温まる。

珍しい・・・自宅から1時間以上歩き続けていつもの池へ、池の最奥部に白い大きめの水鳥が見えた。
望遠で見たら、嬉しや嬉しや・・・”ミコアイサ”だった。

IMG_4807.jpg

水上のパンダさん、妻に言わせればギャングの顔にも見えるらしい。
この池にミコアイサが訪れるのは一冬で1から2回、貴重な訪問、池の奥まで歩いて近くで撮れた。


早くもなく遅くもなく・・・足を前に出すだけ、時折黒雲が上空を過ぎる、いつ降ってもおかしくないが
青空も混じる、風は半端無い強風だ、歩き続けて1時間10分、いつもの池に着いた。

IMG_4797.jpg

池の奥部に浮かんでいるミコアイサを見つけた、チャンスだ、池の奥に歩いた、静かに近づいた。

IMG_4817.jpg

3羽いた、パンダ顔の君、水面に映る姿も素晴らしい、ワクワク浮き浮き、物音を立てないように更に近づいた。

IMG_4805.jpg

一羽は単独行動、2羽は仲良く泳ぐ、頭毛を立てる・・・ミコアイサはこれが良い、何故か雄ばかりだ。

IMG_4803.jpg

近くで撮れるのは久しぶりだった、しばらくお付き合い願った、時間も経過したので池の前面に戻った。

IMG_4874.jpg

池の中間では”コガモ”達が藻を食べる、例年ならコガモは来ない、今年は居ついている、餌が豊富なのだろう。

ミコアイサを見た池の奥、彼らは見えない場所に移動したみたいだ、代わりに現れたのは

IMG_4873.jpg

マガモ、ヨシガモだった、marukeiがいたから隠れていたのかも・・・悠々の時は流れる。

黒雲が出てきて雪が降ってきた、慌てて帰ったがすぐに止んで青空と太陽が地を照らす。

夕方5時過ぎ、ようやく雲が空を覆った、強い風に粉雪が舞う、あっという間に積雪、予報は半日以上ずれた。
こんな日は美味しい夕食と温かい布団が良い、早めの就寝だった。

コメント