FC2ブログ

残雪と青い鳥

起きて居間に降りたら「雪が積もっている」と、妻言う、外に出てみたら残日より多い積雪だった。
2日続けて車の雪下ろしと玄関の除雪。

岩屋堂へ散歩、祠の前でルリビタキが遊んでいた。

IMG_4918.jpg

残雪に映える、瑠璃色、橙、黄色・・・そして愛くるしい目、存分に楽しんだ、モデルさんサンキュウーッ!


前日の散歩で路肩が凍結している県道の恐さをしった、ダンプがすれすれに通る。
畦道に到達する前に心が折れてしまうので車で岩屋堂へ向かった。

今はどこでも無料の駐車場、舗装されている場所に置いて公園に向かった。

IMG_4889.jpg

ふくらみかけたアセビに雪が積もる、春は何歩も遠ざかる。

IMG_4890.jpg

童心に戻ったmarukei、長靴なので雪の上を歩く、サラサラの粉雪を踏む音が心地よい。

薬師様の祠方面に歩いていると、ルリビタキの声が聴こえた、静かに近づいた。

IMG_4893.jpg

青い君だった、雪の森の中は餌も少ないのだろう、降りてきていた。

IMG_4902.jpg

逃げないモデルさんだった、なんて可愛いのだろう、少しずつ移動する。

IMG_4909.jpg

祠の石の上に移動、距離は3mくらい、こんな近くでルリビタキの雄を撮れるのは滅多に無い。
”ルリボール”になって暫く動かないでいた。

IMG_4914.jpg

奥の滝方面に移動した、後ろ姿も美しい。

IMG_4917.jpg

雪の上で小首をかしげる姿が愛らしい・・・彼が立ち去るまで写していた、50枚以上撮った、そして”バイバイ”。

IMG_4921.jpg

滝は流れていたが50%は凍結していた、よほどの寒さだ、最強寒波も頷ける。

公園に降りた。

IMG_4922.jpg

雪化粧の赤い橋と鳥原川、雪が降らなければ見られない景色、風情を感じる、更に上部へ歩いた。

IMG_4928.jpg

コサギが舞い降りて川に降りた、餌探しだ、鳥の足は冷たくないのだろうか、雪と同じ白さが素敵だ。

渓谷の上部は7cmくらいの積雪、我が家より3cmくらい多い、長靴なので平気で歩ける。

IMG_4929.jpg

路傍のお地蔵さんも”白い帽子”をかぶっていた、訪れる人々を見守ってくださる。
ここで引き返して渓谷の左岸に移動、まっさらな雪道が目に入る。

IMG_4931.jpg

雲興寺方面に向かう東海自然ほどの分岐、誰も歩いていない、心が揺れる、入ろうか、止めようか。
まっさらな雪に足跡を・・・我慢したmarukeiだった。

車に戻って寺の境内に向かうとまたもやルリビタキが登場した。

IMG_4877.jpg

お嬢様?、若い雄かも知れない、そして境内へ・・・。

IMG_4884.jpg

なんていう日だろう、お嬢様が待っていた、至近距離だ、可愛すぎる目で見つめ合った、ルリ天国の日だった。

一日中寒い日、玄関の最下段のコンクリートのタタキの氷は溶けずじまい。
明日の朝の気温予想は-5度、寒い日が続いている。

*本日は半年ぶりに参加する飲み会、予約投稿にしました*

コメント