越年した”キランソウ”

昨年の初夏から咲き続けている野草がある。

IMG_4951.jpg

”キランソウ”と言うなの野草、昨年の初夏から咲く、秋口に一度枯れたが直ぐに復活して
この寒い冬でも咲き続けている、そして越年した、信じられないが事実だ、南向きの地、土は温かいのだろう。



大寒波以来、多くは無いが雪が降る毎日だ。

IMG_4947.jpg

朝から雪が舞う、この頃の当たり前の事だ。

IMG_4948.jpg

玄関先も薄っすらと雪化粧、午前9時過ぎに養母の所へ、車はアイドリングで氷を溶かす。
午後になって雪は止んだが強い風に西から雲がやってくる、不安定なので傘を持って散歩に出た。

IMG_4950.jpg 

いつもの畦道、”ポツン”・・・雨だ、凍った田んぼ、雨粒の波紋ができる、傘を開いた。
岩屋堂へ着いて歩いていると雨はミゾレに換わった。

IMG_4954.jpg

廃業した旅館の前庭、手入れもされていないが花は咲く、蝋梅が満開、冬枯れに華を添える。
渓谷の上部に向かって歩いていると雨は雪に換わった、体感温度も低いので歩いて身体を温める。

いつもの池まで歩き通した、ここは毎回一休みの地。

IMG_4956.jpg

近づいても逃げない”アオジ”としばし遊んで貰った、雪が止んだので傘をたたんで池を眺める。

IMG_4958.jpg

池の四分の一は氷だ、氷の無い場所でオカヨシガモがお休み中、イイナ!、生きるものたちにはお休みは大切だ。

IMG_4961.jpg

元気なのはヨシガモとオオバン、仲良く水草を食べる・・・見とれていたら雪が舞い始めた、帰ろう!

養母の熱も下がり、いつもの我儘な姿と言葉になった、失礼ながら扱いにくい、言うことを聞けば更なる助長。
抑えれば口を尖らす・・・marukeiは年老いたら早く”千の風”になりたい、長生きは良いことなの?

コメント