FC2ブログ

皆既月食の日

今晩は皆既月食が見られる日、予報は曇り、夕食後に外に出てみた。

IMG_5053.jpg

まん丸の大きな月が東の空に浮かんでいた、月食は午後9時過ぎ、marukeiは寝ているかもしれない。
月は神世の昔かから人との係わりが大きい、引力が大きく影響しているらしい。

月は浪漫だ、月を見て悲しいんだり、喜んだり・・・冬空に浮かぶ月は美しい!



大寒波から今朝で5日間も雪が降った、車に痕跡が残る程度ったが裏山の標高300m以上は真っ白だった。
天候のサイクルは早い、午後には青空が出る日和になった。

IMG_4843.jpg

黒雲が来ると風花が舞う、いつもの畦道、毎回歩く真ん中の道は少々飽きたので畦の外周を歩いた。

IMG_4845.jpg

寒椿が西日に照らされる、冬を彩る、緑の葉、そして美しい椿の花、植物は人の心を平和にする。

歩き続けて岩屋堂入り口のお寺へ到着、毎度のお茶休憩。

IMG_4848.jpg

冬枯れの境内、これはこれで風情がある、野鳥の声も聴こえない、思い出した冬の花がある。

IMG_4792.jpg

セリバオーレンが咲いているかも知れない、行ってみた、二株咲いていた。
進入禁止の地だが先代の住職さんから勝手に入っても良い許可を得ている、真冬の貴重な野草だ。

IMG_4880.jpg

咲いていたのは少しだが株は多い、2月の中旬にはたくさんのオーレンで賑わうだろう、清楚で美しい野草だ。

岩屋堂へは入らずに帰り道へ、カメラを収納して歩きに専念、ビールを飲むためのカロリー消費だ。
しかし、付け焼き刃だろう、単なる気休めだが歩く事は良いことだ、いつもの池で2度目の休憩。

IMG_4851.jpg

カワウが羽を乾かしていた、凍った池、カモたちは奥の場所へ移動していた。
これで十分、帰ればおやつが待っている、いそいそと帰った。

子供たちから連絡もない、少々寂しいが”便りが無いのは元気な証”、と、思うことにした。

”只今”・・・”お帰り”、それだけで良い、身体を拭いたら”コーヒーとおやつ”、散歩のご褒美は嬉しい!

コメント