森の散策--後編

森の散策から帰って駐車場、ジョウビタキのお嬢さんと遊んでいたら大きな木に野鳥の気配。
木の名は分からないが・・たわわに木の実がぶらさがっている、野鳥が来て木の実を食べる。

IMG_4980.jpg

ルリビタキのお嬢様が食べる、遊ぶ、帰るどころでは無い、しばし大好きな野鳥撮影のひと時を楽しんだ。


ジョウビタキを写していたら隣の大木の上で何やら音がする、探してみた。

IMG_4964.jpg

イカルが5~6羽群れて木の実を喋んでいた。

IMG_4982.jpg

黄色い大きなくちばし、独特の鳴き声、今冬は岩屋堂でも数多く見られる、写しがいのある野鳥だ。
右端の枝に野鳥が飛んできた。

IMG_4970.jpg

強い風に煽られて羽毛が逆立つ、ルリビタキのお嬢ちゃんだ、大好きな野鳥に興奮。

IMG_4973.jpg

我がカメラの光学最大望遠にした、愛くるしい姿が撮れた。

今度は大木の左下に別の野鳥が飛んできた、瑠璃色だ。

IMG_4966.jpg

ルリビタキの青い君だった、狙ったり待ったりしなくても運が良けりゃ出会える、忙しく移動する。

IMG_4968.jpg

追いかけた、シャッターチャンスだ・・・良い写真が撮れた、可愛いネ、ルリ君。

青いルリ君の側に別の個体が飛んできた、やはりルリビタキだ、お嬢様?、最初の個体はまだ右の枝にいる。

IMG_4984.jpg

ちょっと凛々しい、翼羽が少々青っぽい、若い雄かも知れない?
木の実は十分にある、ひと冬でも食べきれないだろう、従って縄張り争いも不要なのだろう、仲良く啄む。

IMG_4992.jpg

くちばしと身体を伸ばして木の実に向かう・・・見ているだけで幸せだ!

別の野鳥が群れで飛んできた、忙しく啄む。

IMG_4965.jpg

メジロだった、この木の実は野鳥たちの糧なんだ、ここで待ったら野鳥好きの人にはたまらないだろう。
しかし、毎冬に並ぶカメラの大砲は今冬は見ない、気まぐれな野鳥の撮影は難しいのだろう。

この木以外の場所でも野鳥が動く。

IMG_5013.jpg

コゲラもトントン木を突く、虫を追い出している。

IMG_5020.jpg

ススキの枯れ枝の中で”ジュクジュク”と鳴くのはシジュウカラ、見慣れた野鳥だが久しぶりのような気がした。

散策帰りの15分、素晴らしい時間を過ごせた、海上の森の駐車場、素敵な場所だ。
春が待ち遠しい、野草が花咲く森の散歩が出来る、そう遠くは無いだろう。

コメント