”春”を感じたくて・・・。

寒い日が緩んだ日、春を感じたくなった、やはり感じるのは花だろう。
四季の花が見られる場所は名古屋市管理の東谷フルーツパークだ、そろそろ咲くマンサクの花。

IMG_5037.jpg

期待に違わず、”紅マンサク”が開花していた、風が冷たい午後だったが、春を感じた散歩だった。



瀬戸市と春日井市、3市町村と交わる東谷山、自宅から車で15分、目的は”紅マンサク”7だ。

歩きはじめて最初の目的地は福寿草、この地の開花は早い。

IMG_5023.jpg

黄色い春が咲いていた。

IMG_5026.jpg

里では早春の花、山では雪解けの花、しっかりと春を感じた。

紅マンサクが作地に急ぎたいが歩きも大切だ、園内の外周を歩く。

IMG_5029.jpg

キンカンの垣根越しに見える東谷山手前のピーク、あそこまでも急な階段が続く、見えるピークから降って
山頂までは階段道だ・・・今の年齢では眺めるだけだ、標高は我が家よりも低い。

IMG_5028.jpg

天気はまずまずだが気温は低い、”コハコベ”も閉じている花も多い、ハコベも春を感じる野草だ。

外周の狭い歩道をマンサクが植えられている場所を目指す。

IMG_5033.jpg

梨園の地面で餌を探すのはカワラヒワ、掘り起こした地面は野鳥達の餌場。

IMG_5036.jpg

ジョウビタキのお嬢様も参加してきた、アーモンドの枝に停まる、春芽も出てきていた。
まんさくが植えられている場所に到着、一際目立つ紅色。

IMG_5039.jpg

多くはないが紅マンサクが開花していた。

IMG_5038.jpg

クルクルパーマが愛らしい紅マンサク、一足早い春の感覚。

IMG_5040.jpg

隣のシナマンサクも黄色い春を演出、訪ねた目的は達成された。
後は帰るだけ、梅園を目を皿ににして歩いた、開花している梅の花探しだ、ようやく見つけた。

IMG_5041.jpg

紅梅の蕾が膨らんでいた、暦の上では春、梅の開花は春を告げる。

IMG_5045.jpg

白梅も数輪開花・・・梅の開花は春を告げる、まだまだ先だろう。

この2年間、この地で出会う冬の貴重な野鳥、トラツグミに出会っていた、その場所へ・・・。
姿はなし、別の冬鳥がお目見えだった。

IMG_5049.jpg

シロハラ、marukeiが右に移動すれば顔を動かす、左に・・・見つめ合った。
野鳥は可愛い、花で春を感じて、野鳥で冬を認識、散歩や散策は四季を感じる最良の行動だ。

飽きずに出かける毎日の散歩や散策・・・贅沢な毎日だ。

コメント