FC2ブログ

一歩ずつ近づく春

このところの天気予報は毎日数時間はマークが並ぶがハズレてばかりだった。

晴れマーク日の寒さは半端ないが風が穏やかでお天道様が当たる道は暖かく感じる。

IMG_5198.jpg

紅いネコヤナギの殻が弾けた、暖かい日差しを浴びて春を呼ぶ・・・一歩ずつだが春が近づいてる。


晴れた空が眩しい、毎日のリズム、躊躇なく家を出る、午後の散歩の時間。
歩いて50m、けたたましい猫の声がする、一匹の小さな黒猫を追って別の猫が走る。

IMG_5193.jpg

庭の済で追いついて押さえ込む・・・憎き野良にゃん子だった、6月から数ヶ月、我が家の玄関先まで
糞尿の害をもたらした猫だった、彼の為に猫排除のグッズを購入せざるを得なくなった張本人だ。

購入したグッズは効果は薄い、コーヒーカスが一番効果を上げた、居なくなったと思っていたら健在だった。
2月から4月は発情期、縄張りを犯した黒猫に襲いかかっていた・・・先が思いやられる。

IMG_5194.jpg

畦道の入り口、電線にツグミが停まる、今冬は数が多い、我が家の周りもツグミだらけ、毎朝見かける。

IMG_5196.jpg

いつもは畦のど真ん中を歩くが気が向いて畦を横断、外周道に歩いた。

IMG_5197.jpg

民家の庭木にお喋り雀が集う、100羽近くはいるだろう、チュンチュンと喧しいくらいのお喋りだ、平和だ!

IMG_5195.jpg

外周道の縁には春の野草が群れ咲き出した、寒波でも日の光を受ける場所は春が一足早く訪れる。

IMG_5202.jpg

ケリもつがいで行動する、子育てが始まるまであと2ケ月、育てやすい場所を吟味しているかも?

IMG_5201.jpg

振り返ると雪山が見えていた、伊吹山だ、この畦から滅多に見ることは出来ない風景、冬ならでわだ。

畦道が終わったのでカメラを収納、このところ体重増加が顕著、カロリー消費を考えて歩こう。
出来る限りの歩行速度で歩いた、いつもの寺の境内もパス、裏道に入った、とある場所でカメラの大砲が並ぶ。

先日に見た光景、餌付けをしていた、木の枝を地面に設けていた、そこまでするのか?
この日は意を決してその中に進んだ、爺様がお一人、高級カメラと超望遠レンズ、簡易椅子まである。

IMG_5314.jpg IMG_5315.jpg

設置した枝に餌をつける物がぶら下がる、どこぞで購入した野鳥の餌、こまめに枝にぶら下げる。
意図はわかったルリビタキが餌を食べるホバリング撮影だ、よく見るとルリビタキが奥で待っている。

IMG_5312.jpg

爺様が餌をぶら下げるまで奥で待機、まん丸のルリ君、爺様が餌をぶら下げた、彼は飛び出てホバリング。
一眼レフの大砲から連続したシャッター音が響く。

IMG_5295.jpg

食べ終えたルリ君は設置された枝に留まる・・・美しい!

しかし、写真の為に餌付けして正しいの?・・・何とも言えないがmarukeiは複雑な気持ちになった。
直ぐに退去、marukeiは足を棒にして出会った野鳥が撮れれば嬉しい、散歩の醍醐味だ、目的が違うだけだろう。

いつもの池まで歩いてお茶休憩・・・カモたちが見えない、最奥に釣り人が居たからだった、探した。

IMG_5206.jpg

池の手前の奥で皆さんお休み中だった、生き物の姿は何らの意図もないだろう、静かな場所で時を待つ。

IMG_5205.jpg

”チリリ”と鳴いて藪から飛び出したのは”カシラダカ”、驚かせてごめんなさいと心で謝った。

寒い日だが日射しの温もりが感じられた、北陸を中心に超大雪、懇意のブロ友さん達、少々心配だ。

雪も降らない当地、寒さを我慢すれば苦労はない、有り難い事だと思う。

コメント