"雛ミッド”を訪ねて

エジプトのピラミッドを捩った言葉、"雛ミッド”は「お雛めぐり」と名付けられた瀬戸市のイベントが始まった。

IMG_5273.jpg

陶磁器やガラス等などで創作された”お雛様”がピラミッドのようなひな壇に並ぶ。
特にひな壇に飾られた”ボンボリ”の位置や全体の形に注目・・・お気づきでね、””の形になっている。



1時間無料の市営駐車場に車を止めてイベント会場に歩く。

IMG_5284.jpg

商店にもイベントポスターが貼り付けてある、3月4日までのロングランだ。

IMG_5263.jpg

万博時に整備された”せと蔵”というイベント会場、文化的な催しが多い。

IMG_5268.jpg

一階ホールに大きな"雛ミッド”が鎮座していた、陶芸作家やガラス細工、窯業高校の生徒さん達
色んな人達が出展した作品は名前付きでひな壇を飾る。

IMG_5265.jpg

可愛い!

IMG_5267.jpg

ガラス等の斬新な雛人形が並ぶ。

IMG_5266.jpg

絵皿のお内裏様もあった、見事な展示だ。

IMG_5269.jpg

兵庫県からの出展もある、ホッコリとした雛人形達に魅せられる。

IMG_5270.jpg

このガラスの雛人形は薩摩からだ、南蛮渡来の”ビードロ”だ、現代的なモデルも良いものだ。

IMG_5274.jpg

もちろん伝統的なデザインの雛人形も鎮座、馴染み深い。

IMG_5271.jpg

この一面は瀬戸窯業高校の作品を飾っている。

IMG_5272.jpg

アニメ、漫画、映画・・・色んなキャラを雛人形に仕立てていた、現代的で若者受けがする。

満足して会場を出た、少しだが商店街を散歩することにした、この日は銀座商店街の休日、寂しい通りだった。

IMG_5281.jpg

今や時の人、中学生棋士である彼を応援する店も多い、確かに強い、瀬戸のヒーロー、marukeiも応援している。

招き猫祭りの会場地を横断して末広商店街に入った。

IMG_5283.jpg

広場には”猫バス”があった・・・知らなかった、商店街はやっていたが人通りは皆無だった。

IMG_5287.jpg

寄席の会場にも伝統的な雛人形が飾られる、瀬戸の商店街は”お雛めぐり”一色だった。

IMG_5289.jpg

喫茶店のケーキケースの上も雛人形で飾られている、楽しいネ!

平日なので瀬戸の街は人通りが少ない、週末は混雑かもしれない、目の保養になった。

コメント