雄のベニマシコ

今冬一回しか撮れていなかった♂のベニマシコ、可愛さは♀だが色は当然に♂の色が奇麗だ。

IMG_5475.jpg

若い♂だった、くちばしと目の間の紅毛、尾羽根の前の紅毛も若々しい。

野草も殆ど無い冬枯れの季節、散歩の被写体は野鳥に傾く、同じ野鳥の写真も載せる記事が多くなる、ご勘弁あれ。



冬枯れのいつもの散歩道は写す被写体も少ない、前日写した春の野草も二番煎じ・・・。
カメラも出さずに畦を歩き通す、畦を抜けて岩屋堂の入口に向かう。

IMG_5454.jpg

高速道路の高架橋下のガードレールに”タキちゃん”が停まっていた、可愛い大好きな彼女に癒やされた。

岩屋堂へ入って薬師様の祠近く、ルリくんのお出ましだ。

IMG_5461.jpg

奇麗だ!、今冬の出会いは多い、載せた写真も多いがこれだけ奇麗な写真も珍しい。

IMG_5462.jpg

逃げもせずにモデルさんを努めてくれる。

IMG_5463.jpg

少しずつ移動してくれる、今冬はルリ君をたくさん撮れる散歩になっている、いくら撮っても飽きることは無い。

薬師様の祠から公園中央に歩いた。

IMG_5529.jpg

渓谷を横切る名物の赤い橋、”お色直し”の準備中、足場を組んで補強と塗り直しだろう、多くの人が渡る大切な橋。

渓谷の上部で折り返す、公園を抜けて帰りの裏道へ入った、高速道の高架橋手前でベニマシコの鳴き声。

IMG_5469.jpg

大好きなお嬢様だった、優しい目、派手では無いが冬の野鳥の好き好きNO2だ。(NO1はタキちゃん)
見とれていたら♂の登場。

IMG_5472.jpg

若い♂だが紅色は美しい・・・野鳥はオスの方が奇麗だ、理由があるらしい。
繁殖期に伴侶を選ぶのは”メス”、従ってオスは綺麗な姿でアピールするのだという、人間は・・・、何も言うまい。

脇目も振らずにいつもの池まで歩いた、お決まりの”お茶休憩”。

IMG_5481.jpg

カモの数は少なくなった、釣り人も多い、魅力が無くなったのかな?、オカヨシガモとオオバンが仲良く水草を食べる。

ミコアイサ

遠くにポツンと泳ぐ水鳥・・・”ミコアイサ”のメスみたいだ、パンダ顔のオスを探したが見つけられなかった。

オヤツの時間なので帰ることにした、帰り道の路傍、枝に停まって”黄昏ていた野鳥”

IMG_5530.jpg

別の個体のベニマシコのお嬢様・・・西日に黄昏れている姿に足が止まる、marukeiも海で黄昏れたい。

野鳥だけの記事になったが、冬の散歩はこれが楽しみでもある、野鳥が撮れれば浮き浮きで帰れる。
そんな散歩だった、歩きながら考えた今晩の板長仕事・・・まずは包丁研ぎから始めよう!

コメント