FC2ブログ

”土筆三兄弟”

春の顔が土の中から頭を出す。

IMG_5910.jpg

畦の土手上、枯れ葉の中から三兄弟が顔をだす、春のしるしにカメラを持つ手が喜んだ。



午前中は迷う・・・今日は何処を歩こうか、結論は出ない、結局はいつもの散歩道。

IMG_5902.jpg

たった1日か2日かでも景色は違う、民家の庭先にクロッカスの花が咲いていた、綺麗だ!

IMG_5903.jpg

散歩道の梅も咲きだした、春が来たんだ、畦道を散策、ゆっくりとゆっくりと。

IMG_5904.jpg

綿毛と新しい花を咲かせるノゲシ、畦も春の進捗が早い。

IMG_5906.jpg

一輪の”キバナカタバミ”が咲いていた、これから春、夏、晩秋まで畦を賑わす野草、咲き始めが美しい。

もしかしたら?・・・土筆が顔を出しているかも知れない、最初に顔を出す場所へ歩いて探した。

IMG_5909.jpg

直ぐに見つけた”土筆”、ヒメオドリコソウと共演、土手に登って辺りを探す。

IMG_5907.jpg

森の小人みたいに土の中から小さな頭を出していた”土筆三兄弟”、春を目で確認。
日にちが進むと夥しく顔を出す土筆・・・もう直ぐだ、おばさんたちの大きな手で”ワシワシ”と採り尽くされてしまう。

畦を後にして寺に向かった。

IMG_5911.jpg

路傍の白梅も咲き出した、咲きだすと飛び回るミツバチたちはまだ来ていない、残念だ。

甲高い鳴き声が聴こえる、暫く立ち止まって声の方向へ目を据えた。

IMG_5914.jpg

ジョウビタキのお嬢様だった、まだ渡らない、例年だと3月末、もうすぐお別れだ、可愛いネ!

寺の境内で休憩、お茶を飲んで散策。

IMG_5917.jpg

カタクリの芽が出ていた、早い!、何日もしないうちに咲き出すだろう、咲き出すまで通う必要がある。
楽しみが増えた、毎日は行けないが、歩く度に寄り道の口実が出来た。

IMG_5918.jpg

”サンシュユ”の黄色い蕾が膨らんだ、大好きな春の木の花、もうすぐだろう。

変わらぬいつもの道だが日々に春に近づいている、見どころは多々ある・・・外せないいつもの散歩道だ。

コメント