FC2ブログ

”コツバメ”

年1回、春にしか会えない蝶、標高の高い場所なら6月くらいまで出会うチャンスがある。

kotubame.jpg

その名は”コツバメ”、幼虫はアセビを食す、昨年の6月に標高1600mで出会って以来だ。
早春の3月に見るのは初めてだ、表翅は濃い青色で美しいが開いてはくれなかった。

”今年は春から縁起が良いナァ~”とか思ってニンマリしたmarukeiだった。



おやつのパンが無い、買いに行こう、裏道を歩いてスーパーへ向かった。

hitasinsu.jpg

民家の庭先の花畑にヒヤシンスが咲き出した。

IMG_5996.jpg

花畑を動き回るのはムクドリ、あまり好かれない野鳥だ、群れる、荒らす・・・そして糞害、でも必死で生きている。

IMG_5998.jpg

我が家の周りも縄張りにしている”タキちゃん”が側で鳴く、まだ渡らずにいた。

ものすごく”甘~い香りがしてきた、正体は

IMG_5999.jpg

ジンチョウゲが咲き出した、春の甘い香りを空気に乗せて運ぶ。

途中にある椿園に寄り道、直ぐに飛び回る蝶を見つけた。

IMG_6013.jpg

大好きなシジミチョウ、それもコツバメだった、アセビの花を飛び回る、興奮のひと時を過ごした。

細い道を歩きつないでスーパーへ到着、当日消費期限のワゴンにアップルパイがあった。
喜んで購入、買ってのはそれだけだ、ポシェットに押し込んで帰りは通学路を歩いた。

IMG_6021.jpg

遠くにいつもの畦を見る、高速道路の向こうは岩屋堂、この日は歩かない、通学路も春の花が咲いていた。

IMG_6019.jpg

ボケの花、これから紅白の花で賑わう。

IMG_6022.jpg

路傍にはノジスミレ、少しずつ賑わう雑草の斜面、暖かい陽射しの中をゆっくりと歩いて自宅へ向かう。

IMG_6018.jpg

カンヒザクラが青空に映える、こんな日の散歩は短く感じる、もっと歩いていたい気持ちになる。

コメント